このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018155492) レーザろう付け方法および重ね継手部材の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/155492 国際出願番号: PCT/JP2018/006219
国際公開日: 30.08.2018 国際出願日: 21.02.2018
IPC:
C23C 2/06 (2006.01) ,B23K 1/005 (2006.01) ,B23K 1/19 (2006.01) ,C22C 18/04 (2006.01) ,C22C 21/00 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
06
亜鉛もしくはカドミウムまたはそれらを基とする合金
[IPC code unknown for B23K 1/05]
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
1
ハンダ付,例.ロー付,またはハンダ離脱
19
ハンダ付される材料の性質を考慮したもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
18
亜鉛を基とする合金
04
次に多い成分としてアルミニウムを含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
出願人:
日新製鋼株式会社 NISSHIN STEEL CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内三丁目4番1号 4-1, Marunouchi 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008366, JP
発明者:
細見 和昭 HOSOMI, Kazuaki; JP
冨村 宏紀 TOMIMURA, Kouki; JP
仲子 武文 NAKAKO, Takefumi; JP
代理人:
特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK; 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北2番6号 大和南森町ビル Daiwa Minamimorimachi Building, 2-6, Tenjinbashi 2-chome Kita, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300041, JP
優先権情報:
2017-03161122.02.2017JP
2017-19361103.10.2017JP
発明の名称: (EN) LASER BRAZING METHOD AND PRODUCTION METHOD FOR LAP JOINT MEMBER
(FR) PROCÉDÉ DE BRASAGE AU LASER ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN ÉLÉMENT D'ASSEMBLAGE À RECOUVREMENT
(JA) レーザろう付け方法および重ね継手部材の製造方法
要約:
(EN) Provided is a method for laser brazing an Al alloy and a steel sheet. The method makes it possible to produce a lap joint member in which there is excellent joining strength to the Al alloy. A laser brazing method that includes a brazing step in which is formed a braze part (9) that joins an aluminum alloy (3) and a molten-Zn-plated steel sheet (1) that: has a plating layer (2) that is 1.0–22.0 mass% Al; and has 15–250 g/m2 of plating per side.
(FR) L'invention concerne un procédé de brasage au laser d'un alliage d'aluminium et d'une tôle d'acier. Le procédé permet de produire un élément d'assemblage à recouvrement présentant une excellente force d'assemblage à l'alliage d'Al. L'invention concerne un procédé de brasage au laser qui comprend une étape de brasage au cours de laquelle est formée une partie brasée (9), qui assemble un alliage d'aluminium (3) et une tôle d'acier plaquée de zinc fondu (1) qui comprend une couche de placage (2) qui contient de 1,0 à 22,0 % en masse d'Al et comporte de 15 à 250 g/m2 de placage par côté.
(JA) Al合金との接合強度に優れる重ね継手部材を製造することができる、Al合金と鋼板とのレーザろう付け方法を提供する。レーザろう付け方法は、めっき層(2)が1.0~22.0質量%のAlを含有し、片面当りのめっき付着量が15~250g/mである溶融Zn系めっき鋼板(1)と、Al合金(3)とを互いに接合するろう付け部(9)を形成するろう付け工程を含む。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)