このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018155485) 新規微生物、およびそれを用いたウロリチン類の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/155485 国際出願番号: PCT/JP2018/006192
国際公開日: 30.08.2018 国際出願日: 21.02.2018
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,C12N 1/20 (2006.01) ,C12P 7/22 (2006.01) ,C12R 1/01 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7
酸素原子を含む有機化合物の製造
02
水酸基を有するもの
22
芳香族のもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
R
サブクラスC12CからC12Qに関連し,微生物に関したインデキシング系列
1
微生物
01
細菌または放線菌
出願人:
株式会社ダイセル DAICEL CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市北区大深町3番1号 3-1, Ofuka-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300011, JP
発明者:
工藤 眞丈 KUDOH, Masatake; JP
中島 賢則 NAKAJIMA, Takanori; JP
山本 浩明 YAMAMOTO, Hiroaki; JP
代理人:
丹羽 武司 NIWA, Takeshi; JP
佐貫 伸一 SANUKI, Shinichi; JP
菅家 博英 KANKE, Hirohide; JP
今堀 克彦 IMABORI, Katsuhiko; JP
優先権情報:
2017-03167423.02.2017JP
発明の名称: (EN) NOVEL MICROORGANISM AND PRODUCTION METHOD FOR UROLITHINS USING SAME
(FR) NOUVEAU MICRO-ORGANISME ET MÉTHODE DE PRODUCTION D'UROLITHINES L'UTILISANT
(JA) 新規微生物、およびそれを用いたウロリチン類の製造方法
要約:
(EN) The present invention provides: a novel microorganism that has high urolithin-production capability; and a production method for urolithins that uses the novel microorganism. A microorganism that belongs to genus Eggerthella and produces urolithins.
(FR) La présente invention concerne : un nouveau micro-organisme qui a une capacité élevée de production d'urolithine; et une méthode de production d'urolithines qui utilise le nouveau micro-organisme. L'invention concerne un micro-organisme qui appartient au genre Eggerthella et produit des urolithines.
(JA) 本発明が解決しようとする課題は、高いウロリチン類産生能を有する新規微生物の提供、及びそれを用いたウロリチン類の製造方法の提供であり、該課題を、ウロリチン類を産生する、エガセラ属に属する微生物で解決する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)