国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018155356) 歯先面取が歯先縁に沿って形成されたアサリ歯を有する硬質チップ帯鋸刃

Pub. No.:    WO/2018/155356    International Application No.:    PCT/JP2018/005634
Publication Date: Fri Aug 31 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Feb 20 00:59:59 CET 2018
IPC: B23D 61/12
B27B 33/06
Applicants: AMADA HOLDINGS CO.,LTD.
株式会社アマダホールディングス
AMADA MACHINE TOOLS CO.,LTD.
株式会社アマダマシンツール
Inventors: HORIGUCHI Katsuhiro
堀口 勝弘
NAGANO Yuji
長野 裕二
Title: 歯先面取が歯先縁に沿って形成されたアサリ歯を有する硬質チップ帯鋸刃
Abstract:
耐久性を向上させつつ、製造コストの低減を十分に図ることができる硬質チップ帯鋸刃を提供する。硬質チップ帯鋸刃10では、右アサリ歯16(20,26)の硬質チップ16T(20T,26T)の左側コーナ部及び左アサリ歯18(24,28)の硬質チップ18T(24T,28T)の右側コーナ部は、直歯14(22)の歯先縁に対して切込み方向へ突出した突縁部Bになっている。直歯14(22)の硬質チップ14T(22T)の歯先、右アサリ歯16(20,26)の硬質チップ16T(20T,26T)の歯先、及び左アサリ歯18(24,28)の硬質チップ18T(24T,28T)の歯先には、歯先面取Cが歯先縁に沿って形成されている。鋸歯グループ12におけるアサリ歯の割合は、71%~83%に設定されている。