国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018154934) 誤り訂正装置、誤り訂正方法及び通信装置

Pub. No.:    WO/2018/154934    International Application No.:    PCT/JP2017/045125
Publication Date: Fri Aug 31 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Dec 16 00:59:59 CET 2017
IPC: H03M 13/35
H03M 13/29
H04J 99/00
H04L 27/26
Applicants: NTT ELECTRONICS CORPORATION
NTTエレクトロニクス株式会社
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION
日本電信電話株式会社
Inventors: YOSHIDA, Mitsuteru
吉田 光輝
ENDO, Yasuyuki
遠藤 靖行
YAMAZAKI, Etsushi
山崎 悦史
OYAMA, Katsuichi
大山 勝一
ONUMA, Yasuharu
大沼 靖治
TOMIZAWA, Masahito
富沢 将人
Title: 誤り訂正装置、誤り訂正方法及び通信装置
Abstract:
複数の誤り訂正回路は、複数の伝送路で伝送されたデータの誤りを訂正する。結合部(12)は、複数の伝送路を複数の誤り訂正回路に重複して結合させる機能を有する。複数の伝送路は、第1の伝送路(I)と、第1の伝送路よりも伝送特性が低い第2の伝送路(II)とを有する。複数の誤り訂正回路は、第1の誤り訂正回路(8a)と、第1の誤り訂正回路(8a)よりも訂正能力及び消費電力の低い第2の誤り訂正回路(8b)とを有する。結合部(12)は、1つの伝送路に複数の誤り訂正回路を重複して結合させる機能を使用して、第1の伝送路(I)を第2の誤り訂正回路(8b)に第1の誤り訂正回路(8a)よりも多くの割合で結合させ、第2の伝送路(II)を第1の誤り訂正回路(8a)に第2の誤り訂正回路(8b)よりも多くの割合で結合させる。