国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018154835) ボンディングワイヤ樹脂封止構造、液晶表示デバイス、及びボンディングワイヤ樹脂封止方法

Pub. No.:    WO/2018/154835    International Application No.:    PCT/JP2017/036302
Publication Date: Fri Aug 31 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Oct 06 01:59:59 CEST 2017
IPC: H05K 1/14
G02F 1/1333
G02F 1/1345
G09F 9/00
H01L 21/56
H01L 23/04
Applicants: JVC KENWOOD CORPORATION
株式会社JVCケンウッド
Inventors: KURIHARA Makoto
栗原 誠
Title: ボンディングワイヤ樹脂封止構造、液晶表示デバイス、及びボンディングワイヤ樹脂封止方法
Abstract:
ボンディングワイヤ樹脂封止構造(7)は、第1の基板(10)と第2の基板(50)とボンディングワイヤ(4)と封止樹脂(6)と空洞部(5)とを備える。第1の基板(10)は第1の接続端子(13)を有する。第2の基板(50)は第1の基板(10)に固定され、第2の接続端子(51)を有する。ボンディングワイヤ(4)は円弧状のループ部(4a)を有し、第1の接続端子(13)と第2の接続端子(51)とを接続する。封止樹脂(6)は第1及び第2の基板(10及び50)上に形成され、ボンディングワイヤ(4)を封止する。空洞部(5)は、封止樹脂(6)における、第1の接続端子(13)と第2の接続端子(51)との間の領域であり、かつ、ループ部(4a)の円弧の中心点側の領域に形成されている。