国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018151329) シートベルト装置及びその組み付け方法

Pub. No.:    WO/2018/151329    International Application No.:    PCT/JP2018/006075
Publication Date: Fri Aug 24 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Feb 21 00:59:59 CET 2018
IPC: B60R 22/40
Applicants: AUTOLIV DEVELOPMENT AB
オートリブ ディベロップメント エービー
ITO Katsuhiro
伊東 克弘
Inventors: ITO Katsuhiro
伊東 克弘
Title: シートベルト装置及びその組み付け方法
Abstract:
ケーブル進退機構(100)は、シートクッション(17)に固定可能なレバー部材(110)と、シートバック(16)に固定可能で、レバー部材(110)に対して回動自在に配置されるケーシング部材(120,130)と、レバー部材(110)及びケーシング部材(120,130)に対して回動自在とされる一方、ケーシング部材(120,130)がレバー部材(110)に対して回動する所定範囲にある間は、レバー部材(110)によって移動が阻止されるカム部材(140)と、を有する。レバー部材(110)は、開口部(114a,114b)をそれぞれ有し、半径方向外側で連結された2枚のリングプレート部(112a,112b)を備える。レバー部材(110)の各リングプレート部(112a,112b)と、ケーシング部材(120,130)には、ケーシング部材(120,130)の回動中心まわりの所定の位相において、それぞれ同軸上に配置されて組付け治具ピン(170)が挿通される挿入孔(116a,116b及び125,135)が形成される。