国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018151296) 方向性電磁鋼板の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/151296    International Application No.:    PCT/JP2018/005761
Publication Date: Fri Aug 24 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Feb 20 00:59:59 CET 2018
IPC: C21D 8/12
C21D 9/00
C21D 9/46
C22C 38/00
C22C 38/60
H01F 1/147
Applicants: JFE STEEL CORPORATION
JFEスチール株式会社
Inventors: TAKENAKA Masanori
竹中 雅紀
IMAMURA Takeshi
今村 猛
EHASHI Yuiko
江橋 有衣子
YAMAGUCHI Hiroi
山口 広
Title: 方向性電磁鋼板の製造方法
Abstract:
インヒビター形成成分を使用せずに薄スラブから製造された方向性電磁鋼板について、優れた磁気特性を安定して得る。スラブを加熱してから熱間圧延を施して熱延鋼板とし、該熱延鋼板に、熱延板焼鈍を施しまたは施すことなく、冷間圧延を施して最終板厚を有する冷延鋼板とし、該冷延鋼板に一次再結晶焼鈍を施し、該一次再結晶焼鈍後の冷延鋼板に二次再結晶焼鈍を施す方向性電磁鋼板の製造方法であって、前記スラブを加熱する工程は、加熱温度を1000℃以上1300℃以下、かつ加熱時間を60秒以上600秒以下とし、前記熱延板焼鈍を施す場合には、該熱延板焼鈍の昇温過程における400℃から900℃に到達するまでの時間を100秒以下とし、均熱温度を950℃以上とし、前記熱延板焼鈍を施さない場合には、前記冷間圧延を中間焼鈍を挟んで2回以上施し、最初の中間焼鈍の昇温過程における400℃から900℃に到達するまでの時間を100秒以下とし、均熱温度を950℃以上とする。