国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018151245) インターロイキン-23産生促進用組成物およびインターロイキン-23の産生促進方法

Pub. No.:    WO/2018/151245    International Application No.:    PCT/JP2018/005414
Publication Date: Fri Aug 24 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Feb 17 00:59:59 CET 2018
IPC: A61K 35/744
A23L 33/135
A61K 35/74
A61K 35/747
A61P 1/00
A61P 31/04
A61P 43/00
C12N 1/20
Applicants: MEIJI CO.,LTD.
株式会社 明治
Inventors: KOBAYASHI Kyosuke
小林 杏輔
ASAMI Yukio
浅見 幸夫
Title: インターロイキン-23産生促進用組成物およびインターロイキン-23の産生促進方法
Abstract:
本発明は、味を変える、カプセル化する等の煩雑な手間を省くことができるインターロイキン-23産生促進用組成物等を提供することにある。本発明に係るインターロイキン-23産生促進用組成物は、菌体を有効成分とする。ここで、菌体は、ラクトバチルス・デルブルッキー・サブスピーシーズ・ブルガリクス、ラクトバチルス・ガセリ、ストレプトコッカス・サーモフィラス、ラクトバチルス・プランタラム、ラクトバチルス・ジョンソニーおよびビフィドバクテリウム・ビフィダムから成る群から選択される少なくとも一つの菌体であることが好ましい。