国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018150997) ポリエステル系シーラントフィルム、積層体及び包装体

Pub. No.:    WO/2018/150997    International Application No.:    PCT/JP2018/004341
Publication Date: Fri Aug 24 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Feb 09 00:59:59 CET 2018
IPC: B32B 27/36
B32B 1/02
B32B 7/02
B65D 65/40
C08J 5/18
Applicants: TOYOBO CO., LTD.
東洋紡株式会社
Inventors: ISHIMARU, Shintaro
石丸 慎太郎
HARUTA, Masayuki
春田 雅幸
Title: ポリエステル系シーラントフィルム、積層体及び包装体
Abstract:
【課題】内容物の成分を吸着が少なく、低温域で高いヒートシール強度を有するのみならず、ヒートシール時に穴あきが発生しない、さらに、積層に起因したカールが少なく、優れた折れ性を有したポリエステル系シーラントを提供すること。および、前記のポリエステル系シーラントを少なくとも一層として含む積層体、及びそれを用いた包装袋を提供すること。 【解決手段】ヒートシール層と耐熱層の各層を少なくとも1層以上有しており、各層ともエチレンテレフタレートを主たる構成成分とするポリエステル系成分からなり、以下の(1)~(6)を満たすことを特徴とするポリエステル系シーラントフィルム。 (1)ヒートシール層同士を140℃、0.2MPa、2秒間でヒートシールしたときのヒートシール強度が8N/15mm以上20N/15mm以下 (2)ヒートシール層を温度変調DSCによって測定したとき、ガラス転移開始温度から140℃までの可逆熱容量差(ΔCp)が0.5J/g/K以上1.1J/g/K以下 (3)耐熱層を温度変調DSCによって測定したときのΔCpが0.1J/g/K以上0.6J/g/K未満 (4)折りたたみ保持角度が20度以上60度以下 (5)長手方向、幅方向いずれか小さい方の曲率半径が50mm以上300mm以下(6)80℃温湯中に10秒間浸漬した後の収縮率が、長手方向、幅方向ともに-5%以上5%以下