このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018150972) 防音構造体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/150972 国際出願番号: PCT/JP2018/004173
国際公開日: 23.08.2018 国際出願日: 07.02.2018
予備審査請求日: 29.06.2018
IPC:
G10K 11/16 (2006.01) ,E04B 1/82 (2006.01) ,G10K 11/172 (2006.01)
G 物理学
10
楽器;音響
K
音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11
音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16
騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
E 固定構造物
04
建築物
B
建築構造一般;壁,例.間仕切り;屋根;床;天井;建築物の絶縁またはその他の保護
1
建築構造一般;壁,例.間仕切り,床,天井,屋根のいずれにも限定されない構造
62
絶縁または他の保護;要素またはそのための特殊な材料の使用
74
熱,音または騒音の絶縁,吸収または反射;適切な熱的または音響的条件を与える他の建築方法,例.壁体内の蓄熱
82
特に音のみに関するもの
G 物理学
10
楽器;音響
K
音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11
音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16
騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
172
共振効果を用いるもの
出願人:
富士フイルム株式会社 FUJIFILM CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区西麻布2丁目26番30号 26-30, Nishiazabu 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1068620, JP
発明者:
山添 昇吾 YAMAZOE Shogo; JP
菅原 美博 SUGAWARA Yoshihiro; JP
白田 真也 HAKUTA Shinya; JP
代理人:
渡辺 望稔 WATANABE Mochitoshi; JP
三和 晴子 MIWA Haruko; JP
伊東 秀明 ITOH Hideaki; JP
三橋 史生 MITSUHASHI Fumio; JP
優先権情報:
2017-02829717.02.2017JP
発明の名称: (EN) SOUNDPROOF STRUCTURE
(FR) STRUCTURE D’INSONORISATION
(JA) 防音構造体
要約:
(EN) Provided is a soundproof structure which is capable of achieving a sufficient silencing effect with respect to lower frequency sound which resonates in an opening provided in a wall member which divides two spaces. This soundproof structure is provided with a resonance silencing structure disposed in an opening provided in a wall member which divides two spaces. An air flow adjustment member is disposed at the side of one open surface of the opening, in a position away from the open surface. The resonance silencing structure resonates at the frequency of sound which resonates in the opening. The resonance silencing structure is disposed in the centre of the opening in a direction orthogonal to the open surface.
(FR) La présente invention concerne une structure d’insonorisation qui est capable d’obtenir un effet suffisant de réduction sonore en ce qui concerne un son basse fréquence qui résonne dans une ouverture présente dans un élément de type paroi qui sépare deux espaces. Cette structure d’insonorisation est équipée d’une structure de réduction sonore par résonance disposée dans une ouverture présente dans un élément de type paroi qui sépare deux espaces. Un élément de réglage d’écoulement d’air est disposé sur le côté d’une surface ouverte de l'ouverture, à une position éloignée de la surface ouverte. La structure de réduction sonore par résonance résonne à la fréquence du son qui résonne dans l’ouverture. La structure de réduction sonore par résonance est disposée au centre de l’ouverture dans une direction orthogonale à la surface ouverte.
(JA) 2つの空間を隔てる壁部材に設けられた開口部で共鳴する低次の周波数の音に対して十分な消音効果を得ることができる防音構造体を提供する。2つの空間を隔てる壁部材に設けられた開口部内に配置される共鳴消音構造体を有する防音構造体であって、開口部の一方の開口面側に、開口面から離間した位置に風量調整部材が配置され、共鳴消音構造体は、開口部内で共鳴する音の周波数で共鳴するものであり、共鳴消音構造体は、開口面に垂直な方向において、開口部の中央に配置されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)