国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018150823) 構造体触媒の製造方法、および構造体触媒を用いた水素の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/150823    International Application No.:    PCT/JP2018/002086
Publication Date: Fri Aug 24 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Jan 25 00:59:59 CET 2018
IPC: B01J 37/34
B01J 23/86
B01J 37/12
C01B 3/40
Applicants: SUMITOMO SEIKA CHEMICALS CO., LTD.
住友精化株式会社
NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND TECHNOLOGY
国立大学法人東京農工大学
Inventors: SAKURAI Makoto
桜井 誠
TAKATA Yoshinori
高田 吉則
HONDA Hiroki
本田 弘樹
Title: 構造体触媒の製造方法、および構造体触媒を用いた水素の製造方法
Abstract:
金属支持体の表面にアルミニウム層が形成されたクラッド材を用いて構造体触媒を製造する方法は、前記アルミニウム層の表面をアルミナ層に変換するための陽極酸化工程(S1)を行い、前記陽極酸化処理を終えた前記クラッド基材に対して、触媒成分を含有する水溶液中に浸漬する第1浸漬処理(S4)を行い、前記第1浸漬処理を終えた前記クラッド基材に対して、酸化雰囲気下において120~500℃の温度範囲で焼成する第1焼成処理(S5)を行い、前記第1焼成処理を終えた前記クラッド基材に対して、前記触媒成分を含有する水溶液中に浸漬する第2浸漬処理(S6)を行い、前記第2浸漬処理を終えた前記クラッド基材に対して、酸化雰囲気下において500~700℃の温度範囲で焼成する第2焼成処理(S7)を行う。