このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018150501) 容器詰非発酵飲料およびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/150501 国際出願番号: PCT/JP2017/005587
国際公開日: 23.08.2018 国際出願日: 15.02.2017
IPC:
C12G 3/04 (2006.01) ,A23L 2/00 (2006.01) ,C12C 5/02 (2006.01) ,C12C 11/00 (2006.01) ,C12G 1/00 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
G
ぶどう酒;他のアルコール飲料;その調製
3
他のアルコール飲料の調製
04
混合によるもの,例.リキュール
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2
非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調整
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
C
ビール醸造
5
ビール製造に用いる他の粗原料
02
ビールへの添加物
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
C
ビール醸造
11
ビール発酵方法
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
G
ぶどう酒;他のアルコール飲料;その調製
1
ぶどう酒または発泡性ぶどう酒の調製
出願人:
サントリーホールディングス株式会社 SUNTORY HOLDINGS LIMITED [JP/JP]; 大阪府大阪市北区堂島浜2丁目1番40号 1-40, Dojimahama 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308203, JP
発明者:
作山 智 SAKUYAMA Satoru; JP
代理人:
小林 浩 KOBAYASHI Hiroshi; JP
古橋 伸茂 FURUHASHI Nobushige; JP
田村 恭子 TAMURA Kyoko; JP
鈴木 康仁 SUZUKI Yasuhito; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) PACKAGED UNFERMENTED BEVERAGE AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) BOISSON NON FERMENTÉE CONDITIONNÉE, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CELLE-CI
(JA) 容器詰非発酵飲料およびその製造方法
要約:
(EN) The present invention pertains to: a packaged unfermented beverage which contains a sweetener and at least one compound selected from the group consisting of xanthohumol and isoxanthohumol, and in which the content of xanthohumol or isoxanthohumol is at least 6 ppm by mass, and the sweetness derived from the sweetener is 0.2–14 in terms of sucrose equivalence; and a production method therefor. The present invention makes it possible to moderate the unpleasant bitterness that is characteristic of the aftertaste of xanthohumol and isoxanthohumol, and to increase the content of xanthohumol and isoxanthohumol without diminishing the inherent flavor of the beverage.
(FR) L’invention concerne une boisson non fermentée conditionnée et un procédé de fabrication de celle-ci. Cette boisson non fermentée conditionnée comprend au moins un élément choisi dans un groupe constitué d’un xanthohumol et d’un isoxanthohumol, et une substance sucrée. La teneur en xanthohumol ou isoxanthohumol est supérieure ou égale à 6ppm en masse. La sucrosité provenant de la substance sucrée est comprise entre 0,2 et 14 en termes de saccharose. Selon l’invention, l’amertume désagréable en arrière-goût propre au xanthohumol et au isoxanthohumol, est évitée, et il est possible d’augmenter la teneur en xanthohumol et isoxanthohumol sans que la boisson perde le parfum qu’elle présente à l’origine.
(JA) 本発明は、キサントフモールおよびイソキサントフモールからなる群から選ばれる一種以上と、甘味物質とを含有する容器詰非発酵飲料であって、キサントフモールまたはイソキサントフモールの含有量が6質量ppm以上であり、甘味物質由来の甘味度がショ糖換算で0.2~14である容器詰非発酵飲料およびその製造方法に関する。本発明によれば、キサントフモールおよびイソキサントフモールに特有の後味の嫌な苦味を抑え、その飲料が本来持つ香味を損なうことなく、キサントフモールおよびイソキサントフモールの含有量を高めることができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)