このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018147458) 新規化合物及び該化合物を含有する呈味改善剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/147458 国際出願番号: PCT/JP2018/004804
国際公開日: 16.08.2018 国際出願日: 13.02.2018
IPC:
C07D 213/80 (2006.01) ,A23L 27/20 (2016.01) ,C07D 401/04 (2006.01) ,C07D 405/04 (2006.01) ,C07D 405/14 (2006.01) ,C07K 5/062 (2006.01) ,C07K 5/065 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
213
異項原子として1個の窒素原子のみをもち,環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有し,他の環と縮合していない6員環からなる複素環式化合物
02
環原子相互間または環原子と非環原子間に3個の二重結合を有するもの
04
環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
60
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
78
異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基
79
酸;エステル
80
3位において
[IPC code unknown for A23L 27/20]
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
04
環原子―環原子結合により直接結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
04
環原子―環原子結合により直接結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
5
確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有するもの
06
ジペプチド
062
第一アミノ酸の側鎖が非環式であるもの,例.Gly,Ala
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
5
確定された配列をもつ,4個以下のアミノ酸を含有するペプチド;その誘導体
04
ペプチド結合のみを含有するもの
06
ジペプチド
065
第一アミノ酸の側鎖が炭素環式の環を含有しているもの,例.Phe,Tyr
出願人:
味の素株式会社 AJINOMOTO CO., INC. [JP/JP]; 東京都中央区京橋1丁目15番1号 15-1, Kyobashi 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048315, JP
発明者:
山田 慧 YAMADA Kei; JP
森 卓 MORI Suguru; JP
中沢 正和 NAKAZAWA Masakazu; JP
本間 啓介 HONMA Keisuke; JP
松本 佳代 MATSUMOTO Kayo; JP
西本 明正 NISHIMOTO Akimasa; JP
田原 優樹 TAHARA Yuki; JP
北島 誠司 KITAJIMA Seiji; JP
御幡 和佳奈 OBATA Wakana; JP
鈴木 裕美子 SUZUKI Yumiko; JP
藤原 恭平 FUJIWARA Kyohei; JP
田上 宇乃 TAGAMI Uno; JP
石渡 裕 ISHIWATARI Yutaka; JP
網野 裕右 AMINO Yusuke; JP
代理人:
田中 伸一郎 TANAKA Shinichiro; JP
弟子丸 健 DESHIMARU Takeshi; JP
箱田 篤 HAKODA Atsushi; JP
浅井 賢治 ASAI Kenji; JP
山崎 一夫 YAMASAKI Kazuo; JP
市川 さつき ICHIKAWA Satsuki; JP
服部 博信 HATTORI Hironobu; JP
優先権情報:
2017-02389613.02.2017JP
発明の名称: (EN) NOVEL COMPOUND AND TASTE-IMPROVING AGENT CONTAINING SAID COMPOUND
(FR) NOUVEAU COMPOSÉ ET AGENT AMÉLIORANT LE GOÛT CONTENANT CELUI-CI
(JA) 新規化合物及び該化合物を含有する呈味改善剤
要約:
(EN) The present invention provides a novel compound capable of imparting a sweet taste preferable to a food by enhancing the sweetness of a sweetener such as sucrose. This compound is represented by following formula (I) or a salt thereof.
(FR) La présente invention concerne un nouveau composé capable de conférer un goût sucré préférable à un aliment par l'amélioration du goût sucré d'un édulcorant tel que le saccharose. Le composé de l'invention est représenté par la formule suivante (I) ou un sel de celui-ci.
(JA) ショ糖などの甘味料の甘味を増強することにより食品に好ましい甘味を付与できる新規化合物を提供すること。下記一般式(I)で表される化合物又はその塩。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)