このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018143284) ファイバレーザ、供給方法、及び製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/143284 国際出願番号: PCT/JP2018/003244
国際公開日: 09.08.2018 国際出願日: 31.01.2018
IPC:
H01S 3/067 (2006.01) ,H01S 3/0941 (2006.01) ,H01S 3/102 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
05
光学的な共振器の構造または形状;活性媒質の調整;活性媒質の形状
06
活性媒質の構造または形状
063
導波路型レーザ,例.レーザ増幅器
067
ファイバ型レーザ
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
09
励起方法またはその装置,例.ポンピング
091
光学的ポンピングを用いるもの
094
コヒーレント光によるもの
0941
半導体レーザーの,例.レーザーダイオードの
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
10
放出された放射線の強度,周波数,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲート,変調または復調
102
活性媒質を制御することによるもの,例.励起方法または励起装置を制御することによるもの
出願人:
株式会社フジクラ FUJIKURA LTD. [JP/JP]; 東京都江東区木場1丁目5番1号 1-5-1, Kiba, Koto-ku, Tokyo 1358512, JP
発明者:
グェン フイ カン NGUYEN, Huy Khanh; JP
代理人:
特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK; 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北2番6号 大和南森町ビル Daiwa Minamimorimachi Building, 2-6, Tenjinbashi 2-chome Kita, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300041, JP
優先権情報:
2017-01628931.01.2017JP
発明の名称: (EN) FIBER LASER, SUPPLY METHOD, AND MANUFACTURING METHOD
(FR) LASER À FIBRE, PROCÉDÉ D'ALIMENTATION ET PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) ファイバレーザ、供給方法、及び製造方法
要約:
(EN) The present invention reduces the power of Stokes light generated through an amplification optical fiber, without reducing the power of a laser beam outputted from the amplification optical fiber in a bidirectional excitation-type fiber laser. The power (PB) of back excitation light inputted to an amplification optical fiber (AF) via a low-reflecting fiber black grating (FBG2) is set larger than the power (PF) of front excitation light inputted to the amplification optical fiber (AF) via a high-reflecting fiber black grating (FBG2).
(FR) La présente invention réduit la puissance de la lumière de Stokes générée par l'intermédiaire d'une fibre optique d'amplification, sans réduire la puissance d'un faisceau laser émis par la fibre optique d'amplification dans un laser à fibre de type à excitation bidirectionnelle. La puissance (PB) de la lumière d'excitation arrière entrée dans une fibre optique d'amplification (AF) par l'intermédiaire d'un réseau noir de fibre à faible réflexion (FBG2) est réglée plus grande que la puissance (PF) de la lumière d'excitation avant entrée dans la fibre optique d'amplification (AF) par l'intermédiaire d'un réseau noir de fibre à réflexion élevée (FBG2).
(JA) 双方向励起型のファイバレーザにおいて、増幅用光ファイバから出力されるレーザ光のパワーを低下させることなく、増幅用光ファイバにて生成されるストークス光のパワーを低下させる。低反射ファイバブラッググレーティング(FBG2)を介して増幅用光ファイバ(AF)に入力される後方励起光のパワー(PB)を、高反射ファイバブラッググレーティング(FBG2)を介して増幅用光ファイバ(AF)に入力される前方励起光のパワー(PF)よりも大きくする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)