このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018143243) 人工多能性幹細胞の作製方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/143243 国際出願番号: PCT/JP2018/003120
国際公開日: 09.08.2018 国際出願日: 31.01.2018
IPC:
C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 5/0783 (2010.01) ,C12N 5/0786 (2010.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
078
血液または免疫系からの細胞
0783
T細胞;NK細胞;T細胞又はNK細胞の前駆細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
078
血液または免疫系からの細胞
0786
単球;マクロファージ
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
国立大学法人神戸大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KOBE UNIVERSITY [JP/JP]; 兵庫県神戸市灘区六甲台町1番1号 1-1, Rokkodai-cho, Nada-ku, Kobe-shi, Hyogo 6578501, JP
発明者:
青井 貴之 AOI, Takayuki; JP
代理人:
庄司隆 SHOJI, Takashi; JP
資延由利子 SUKENOBU, Yuriko; JP
大杉 卓也 OHSUGI, Takuya; JP
優先権情報:
2017-01842203.02.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING INDUCED PLURIPOTENT STEM CELLS
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE CELLULES SOUCHES PLURIPOTENTES INDUITES
(JA) 人工多能性幹細胞の作製方法
要約:
(EN) Provided is a method for producing iPS cells. Specifically, provided is a method for producing iPS cells having a γδ-TCR reconstituted gene. Also provided are cell populations including the produced iPS cells. After collected blood cells are stimulated by IL-2 and bisphosphonate, a cell initiation factor is introduced using a Sendai virus (SeV) vector. This method can effectively produce iPS cells having a γδ-TCR reconstituted gene. In particular, the method need not include a step for treating the blood cells by an antibody prior to the step in which the blood cells are stimulated by bisphosphonate and one or more interleukins selected from IL-2, IL-15, and IL-23. In addition, iPS cells produced by this method can be differentiated into desired cells by differentiation induction treatment.
(FR) L'invention concerne un procédé de production de cellules iPS. Plus particulièrement, l'invention concerne un procédé de production de cellules iPS ayant un gène γδ-TCR reconstitué. L'invention concerne également des populations de cellules comprenant les cellules iPS produites. Après la stimulation des cellules sanguines collectées par de l'IL-2 et du bisphosphonate, un facteur d'initiation cellulaire est introduit à l'aide d'un vecteur virus Sendai (SeV). Ce procédé permet de produire efficacement des cellules iPS ayant un gène γδ-TCR reconstitué. En particulier, le procédé ne nécessite pas d'inclure une étape de traitement des cellules sanguines par un anticorps avant l'étape dans laquelle les cellules sanguines sont stimulées par du bisphosphonate et une ou plusieurs interleukines choisies parmi l'IL-2, l'IL-15 et l'IL-23. De plus, les cellules iPS produites par ce procédé peuvent être différenciées en cellules souhaitées par un traitement d'induction de différenciation.
(JA) iPS細胞の作製方法を提供する。具体的にはγδ-TCR再構成遺伝子を有するiPS細胞の作製方法を提供する。さらには当該作製されたiPS細胞を含む細胞集団を提供する。採取した血液細胞をIL-2及びビスホスホネートで刺激した後、センダイウイルス(SeV)ベクターを用いて細胞初期化因子を導入することによる。本発明の方法によれば、γδ-TCR再構成遺伝子を有するiPS細胞を効果的に作製することができる。特に、血液細胞をIL-2、IL-15及びIL-23より選択されるいずれか一種又は複数種のインターロイキン、並びにビスホスホネートで刺激する工程の前に、血液細胞を抗体で処理する工程を含まなくてもよい。また、本発明の方法で作製されたiPS細胞は、分化誘導処理により所望の細胞に分化されうる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)