WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018143226) アミノ酸の由来判別方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/143226 国際出願番号: PCT/JP2018/003082
国際公開日: 09.08.2018 国際出願日: 31.01.2018
IPC:
G01N 27/62 (2006.01) ,G01N 30/06 (2006.01) ,G01N 30/72 (2006.01) ,G01N 30/88 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
27
電気的,電気化学的,または磁気的手段の利用による材料の調査または分析
62
ガスのイオン化の調査によるもの;放電の調査によるもの,例.陰極の放射
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30
吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
02
カラムクロマトグラフィ
04
分析試料の調製または導入
06
調製
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30
吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
02
カラムクロマトグラフィ
62
カラムクロマトグラフィに特に用いられる検出器
72
質量分析計
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30
吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
02
カラムクロマトグラフィ
88
グループ30/04から30/86のうちの1つに含まれないもので,カラムクロマトグラフィに特に用いられる統合的分析
出願人: NISSIN FOODS HOLDINGS CO., LTD.[JP/JP]; 1-1, Nishinakajima 4-chome, Yodogawa-ku, Osaka-shi Osaka 5328524, JP
発明者: TANAKA, Masaharu; JP
YATSUKAWA, Yoichi; JP
KOBAYASHI, Kazuhiro; JP
TANABE, Soichi; JP
TANAKA, Mitsuru; JP
代理人: UENO, Hideki; UPSC UENO PATENT OFFICE, 1-28-1-901, Higashi-Ikebukuro, Toshima-ku, Tokyo 1700013, JP
優先権情報:
2017-01981706.02.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR DETERMINING ORIGIN OF AMINO ACID
(FR) PROCÉDÉ DE DÉTERMINATION DE L’ORIGINE D’UN ACIDE AMINÉ
(JA) アミノ酸の由来判別方法
要約:
(EN) The present invention relates to a method for determining the origin of glutamic acid in a sample, and more broadly relates to a method for determining the origin of an amino acid. The present invention makes possible a stable isotope comparison measurement that is considerably more reliable than the conventional method, by measuring the δ13C of glutamic acid (amino acid) by elemental analysis-stable isotope ratio mass spectrometry (EA-IRMS) and by measuring the δ15N of glutamic acid (amino acid) by gas chromatrography-stable isotope ratio mass spectrometry (GC-IRMS). The present invention also makes it possible to determine the origin of glutamic acid (amino acid) by comparing the stable isotope ratio of glutamic acid (amino acid) of known origin and the stable isotope ratio of glutamic acid (amino acid) of unknown origin.
(FR) La présente invention porte sur un procédé de détermination de l’origine d’acide glutamique dans un échantillon, et porte plus largement sur un procédé de détermination de l’origine d’un acide aminé. La présente invention rend possible une mesure de comparaison d’isotopes stables qui est considérablement plus fiable que le procédé traditionnel, en mesurant le δ13C d’acide glutamique (acide aminé) par spectrométrie de masse à ratio d’isotopes stables par analyse élémentaire (EA-IRMS) et en mesurant le δ15N d’acide glutamique (acide aminé) par spectrométrie de masse à ratio d’isotopes stables par chromatographie en phase gazeuse (GC-IRMS). La présente invention permet également de déterminer l’origine de l’acide glutamique (acide aminé) en comparant le ratio d’isotopes stables de l’acide glutamique (acide aminé) d’origine connue et le ratio d’isotopes stables d’acide glutamique (acide aminé) d’origine inconnue.
(JA) 本発明は、試料中のグルタミン酸の由来を判別する方法に関し、より広義にはアミノ酸の由来を判別する方法に関するものである。 本発明は、グルタミン酸(アミノ酸)のδ13Cを元素分析-安定同位体比質量分析計(EA-IRMS)により測定し、且つδ15Nをガスクロマトグラフ-安定同位体比質量分析計(GC-IRMS)により測定することによって、従来の方法と比べて格段に確度の高い安定同位体比の測定が可能となった。また、由来が明確なグルタミン酸(アミノ酸)の安定同位体比と、由来が不明確なグルタミン酸(アミノ酸)の安定同位体比を比較することで、グルタミン酸(アミノ酸)の由来を判別可能とした。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)