このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018143131) 赤外線遮蔽膜形成用塗料、赤外線遮蔽膜付き透明基体、及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/143131 国際出願番号: PCT/JP2018/002781
国際公開日: 09.08.2018 国際出願日: 29.01.2018
IPC:
C09D 163/00 (2006.01) ,B05D 7/24 (2006.01) ,B32B 27/20 (2006.01) ,B32B 27/38 (2006.01) ,C03C 17/30 (2006.01) ,C09D 5/33 (2006.01) ,C09D 7/40 (2018.01) ,C09D 183/04 (2006.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
163
エポキシ樹脂に基づくコーティング組成物;エポキシ樹脂の誘導体に基づくコーティング組成物
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7
液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
24
特定の液体または他の流動性材料を適用するためのもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
18
特別な添加剤の使用を特徴とするもの
20
充てん剤,顔料,揺変性の剤を用いるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
38
エポキシ樹脂からなるもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
17
繊維やフィラメントの形態をとらないガラス,例.結晶化ガラス,の被覆による表面処理
28
有機物質によるもの
30
けい素含有化合物によるもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
33
放射線反射塗料
[IPC code unknown for C09D 7/40]
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
183
主鎖のみに,いおう,窒素,酸素または炭素を含みまたは含まずにけい素を含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ポリシロキサン
出願人:
三菱マテリアル株式会社 MITSUBISHI MATERIALS CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区大手町一丁目3番2号 3-2, Otemachi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008117, JP
発明者:
日向野 怜子 HIGANO Satoko; JP
山▲崎▼ 和彦 YAMASAKI Kazuhiko; JP
代理人:
松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi; JP
寺本 光生 TERAMOTO Mitsuo; JP
細川 文広 HOSOKAWA Fumihiro; JP
大浪 一徳 ONAMI Kazunori; JP
優先権情報:
2017-01835103.02.2017JP
発明の名称: (EN) COATING FOR FORMING INFRARED SHIELDING FILM, INFRARED SHIELDING FILM-EQUIPPED TRANSPARENT SUBSTRATE, AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) REVÊTEMENT POUR FORMER UN FILM DE PROTECTION CONTRE LES INFRAROUGES, SUBSTRAT TRANSPARENT ÉQUIPÉ D'UN FILM DE PROTECTION CONTRE LES INFRAROUGES ET PROCÉDÉ POUR SA PRODUCTION
(JA) 赤外線遮蔽膜形成用塗料、赤外線遮蔽膜付き透明基体、及びその製造方法
要約:
(EN) This coating for forming infrared shielding film comprises transparent oxide particles having an average primary particle diameter not exceeding 100 nm, and a binder containing an epoxy resin having a naphthalene skeleton in the molecular structure, a hydrolysis concentration product of silicon alkoxide, and a solvent. The mass ratio of the transparent oxide particles to the dry-cured solid content of the binder (transparent oxide particles/dry-cured solid content of binder) is from 5/95 to 80/20, and when the solid content of the binder is set to 100% by mass, the epoxy resin is set to 40-90% by mass and the hydrolysis concentration product of silicon alkoxide is set to 10-60% by mass.
(FR) Ce revêtement pour former un film de protection contre les infrarouges comprend des particules transparentes d'oxyde, présentant un diamètre moyen de particule primaire ne dépassant pas 100 nm, et un liant contenant une résine époxy présentant un squelette de naphtalène dans la structure moléculaire, un produit de concentration d'hydrolyse d'alcoxyde de silicium et un solvant. Le rapport en masse des particules transparentes d'oxyde à la teneur en solides durcis secs du liant (particules transparentes d'oxyde/teneur en solides durcis sec du liant) est de 5/95 à 80/20 et, lorsque la teneur en solides du liant est réglée à 100 % en masse, la résine époxy est réglée à 40-90 % en masse et le produit de concentration d'hydrolyse de l'alcoxyde de silicium est réglé à 10-60 % en masse.
(JA) 本発明の赤外線遮蔽膜形成用塗料は、平均一次粒子径が100nm以下の透明酸化物粒子と、分子構造中にナフタレン骨格を有するエポキシ樹脂とケイ素アルコキシドの加水分解縮合物と溶剤とを含むバインダと、を含有し、バインダの乾燥硬化後固形分に対する透明酸化物粒子の質量比(透明酸化物粒子/バインダの乾燥硬化後固形分)が5/95~80/20であって、バインダを固形分100質量%とするとき、前記エポキシ樹脂を40~90質量%とケイ素アルコキシドの加水分解縮合物を10~60質量%との割合で含む。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)