このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018143012) 送信方法、及び、受信装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/143012 国際出願番号: PCT/JP2018/001950
国際公開日: 09.08.2018 国際出願日: 23.01.2018
IPC:
H03M 13/19 (2006.01) ,H03M 13/27 (2006.01) ,H04L 1/00 (2006.01) ,H04L 27/00 (2006.01)
H 電気
03
基本電子回路
M
符号化,復号化または符号変換一般
13
誤りの検出または誤りの訂正のための符号化,復号化または符号変換;符号理論の基本的仮定;符号化の限界式;誤り確率の評価方法;通信路モデル;符号のシミュレーションまたは試験
03
データ表現の冗長性に基づく誤り検出または前方向誤り訂正,すなわち,符号後が元の語より多くのデジットを含むもの
05
ブロック符号を用いるもの,すなわち,事前に決めた数の検査ビットを事前に決めた数の情報ビットに付加するもの
13
線形符号
19
巡回符号の特性を使わない,単一誤り訂正,例,ハミング符号,拡大または一般化されたハミング符号
H 電気
03
基本電子回路
M
符号化,復号化または符号変換一般
13
誤りの検出または誤りの訂正のための符号化,復号化または符号変換;符号理論の基本的仮定;符号化の限界式;誤り確率の評価方法;通信路モデル;符号のシミュレーションまたは試験
27
インターリーブ技術を用いるもの
H 電気
04
電気通信技術
L
デジタル情報の伝送,例.電信通信
1
受信情報中の誤りを検出または防止するための配置
H 電気
04
電気通信技術
L
デジタル情報の伝送,例.電信通信
27
搬送波変調方式
出願人:
ソニー株式会社 SONY CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区港南1丁目7番1号 1-7-1, Konan, Minato-ku, Tokyo 1080075, JP
発明者:
篠原 雄二 SHINOHARA Yuji; JP
山本 真紀子 YAMAMOTO Makiko; JP
代理人:
西川 孝 NISHIKAWA Takashi; JP
稲本 義雄 INAMOTO Yoshio; JP
優先権情報:
2017-01927006.02.2017JP
発明の名称: (EN) TRANSMISSION METHOD AND RECEPTION DEVICE
(FR) PROCÉDÉ D'ÉMISSION ET DISPOSITIF DE RÉCEPTION
(JA) 送信方法、及び、受信装置
要約:
(EN) The present invention pertains to a transmission method and a reception device which make it possible to ensure excellent communication quality in data transfer using LDPC codes. In group-wise interleaving, an LDPC code having a code length N of 69,120 bits is interleaved on a bit group basis of 360 bits per group. In group-wise de-interleaving, the order of the interleaved LDPC code is restored to the original order. This invention can be applied, for example, to data transfer and the like using LDPC codes.
(FR) La présente invention concerne un procédé d'émission et un dispositif de réception qui permettent d'assurer une excellente qualité de communication dans un transfert de données en utilisant des codes LDPC. Dans un entrelacement par groupe, un code LDPC ayant une longueur de code N égale à 69 120 bits est entrelacé sur une base de groupe de bits de 360 bits par groupe. Dans un désentrelacement par groupe, l'ordre du code LDPC entrelacé est rétabli à l'ordre original. La présente invention peut être appliquée, par exemple, au transfert de données et similaire en utilisant des codes LDPC.
(JA) 本技術は、LDPC符号を用いたデータ伝送において、良好な通信品質を確保することができるようにする送信方法、及び、受信装置に関する。 グループワイズインターリーブでは、符号長Nが69120ビットのLDPC符号が、360ビットのビットグループ単位でインターリーブされる。グループワイズデインターリーブでは、グループワイズインターリーブ後のLDPC符号の並びが元の並びに戻される。本技術は、例えば、LDPC符号を用いたデータ伝送等を行う場合に適用できる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)