このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018142968) 電解液、二次電池および電解液の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/142968 国際出願番号: PCT/JP2018/001585
国際公開日: 09.08.2018 国際出願日: 19.01.2018
IPC:
H01M 10/0568 (2010.01) ,H01M 10/054 (2010.01) ,H01M 10/0569 (2010.01)
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10
二次電池;その製造
05
非水電解質二次電池
056
電解質の材料に特徴があるもの,例.無機電解質/有機電解質の混合
0564
有機物のみからなる電解質
0566
液体
0568
溶質に特徴があるもの
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10
二次電池;その製造
05
非水電解質二次電池
054
リチウム以外の金属,例.マグネシウムまたはアルミニウム の挿入を伴う二次電池
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10
二次電池;その製造
05
非水電解質二次電池
056
電解質の材料に特徴があるもの,例.無機電解質/有機電解質の混合
0564
有機物のみからなる電解質
0566
液体
0569
溶媒に特徴があるもの
出願人:
学校法人関西大学 THE SCHOOL CORPORATION KANSAI UNIVERSITY [JP/JP]; 大阪府吹田市山手町3丁目3番35号 3-3-35, Yamate-cho Suita-shi, Osaka 5648680, JP
発明者:
副田 和位 SOEDA, Kazunari; JP
石川 正司 ISHIKAWA, Masashi; JP
山縣 雅紀 YAMAGATA, Masaki; JP
代理人:
特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK; 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北2番6号 大和南森町ビル Daiwa Minamimorimachi Building, 2-6, Tenjinbashi 2-chome Kita, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300041, JP
優先権情報:
2017-01622231.01.2017JP
発明の名称: (EN) ELECTROLYTE SOLUTION, SECONDARY BATTERY AND METHOD FOR PRODUCING ELECTROLYTE SOLUTION
(FR) SOLUTION ÉLECTROLYTIQUE, BATTERIE SECONDAIRE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UNE SOLUTION ÉLECTROLYTIQUE
(JA) 電解液、二次電池および電解液の製造方法
要約:
(EN) Provided is an electrolyte solution which is capable of maintaining a high magnesium ion concentration. An electrolyte solution according to one embodiment of the present invention is obtained by mixing a solvent, magnesium metal and an elemental halogen.
(FR) L'invention concerne une solution électrolytique qui est capable de maintenir une concentration élevée en ions magnésium. Une solution électrolytique selon un mode de réalisation de la présente invention est obtenue par mélange d'un solvant, d'un métal de magnésium et d'un halogène élémentaire.
(JA) 高いマグネシウムイオン濃度を保持することができる電解液を提供する。本発明の一態様に係る電解液は、溶媒、金属マグネシウムおよび単体ハロゲンを混合してなる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)