国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018142910) パッケージ及び波長変換部材の製造方法、パッケージ、波長変換部材、発光デバイス、パッケージの母材、並びに容器の母材

Pub. No.:    WO/2018/142910    International Application No.:    PCT/JP2018/000896
Publication Date: Fri Aug 10 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Jan 17 00:59:59 CET 2018
IPC: H01L 33/48
Applicants: NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD.
日本電気硝子株式会社
Inventors: MURAKAMI, Takumi
村上 巧
ASANO, Hideki
浅野 秀樹
MURATA, Takashi
村田 隆
Title: パッケージ及び波長変換部材の製造方法、パッケージ、波長変換部材、発光デバイス、パッケージの母材、並びに容器の母材
Abstract:
パッケージの側面に欠損が生じ難く、材料ロスを抑制することができる、パッケージの製造方法を提供する。 本発明に係るパッケージの製造方法は、底部13及び壁部14を有し、壁部14の上端面14a上に第1の分割溝17が設けられた容器の母材12と、ガラス蓋の母材15とを用意する工程と、容器の母材12における壁部14の上端面14aにガラス蓋の母材15を接合してパッケージの母材10を得る工程と、容器の母材12とガラス蓋の母材15とを接合する前、又は接合した後に、第1の分割溝17と平面視において実質的に重なるように、ガラス蓋の母材15に第2の分割溝18を形成する工程と、第1の分割溝17に沿って容器の母材12を割断するとともに、第2の分割溝18に沿ってガラス蓋の母材15を割断することにより、パッケージの母材10を複数のパッケージに分割する工程と、を備えることを特徴としている。