国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018142703) 異常要因推定装置、異常要因推定方法及びプログラム

Pub. No.:    WO/2018/142703    International Application No.:    PCT/JP2017/040090
Publication Date: Fri Aug 10 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Nov 08 00:59:59 CET 2017
IPC: G06F 11/07
G06N 99/00
Applicants: NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION
日本電信電話株式会社
Inventors: IKEDA, Yasuhiro
池田 泰弘
NAKANO, Yusuke
中野 雄介
WATANABE, Keishiro
渡辺 敬志郎
ISHIBASHI, Keisuke
石橋 圭介
KAWAHARA, Ryoichi
川原 亮一
Title: 異常要因推定装置、異常要因推定方法及びプログラム
Abstract:
異常要因推定装置は、異常の検知対象が正常である場合に前記検知対象から得られる第1の数値ベクトルを学習した学習器と、前記検知対象から複数のタイミングで得られる第2の数値ベクトルとに基づいて、前記検知対象の異常を検知する検知部と、異常が検知された前記第2の数値ベクトルのメトリックごとに、当該メトリックの値から前記第1の数値ベクトルにおける当該メトリックの平均を差し引いた結果を、前記第1の数値ベクトルにおける当該メトリックの標準偏差で除することで得られる値を、当該異常の要因のメトリックを推定するための情報として算出する第1の算出部と、を有することで、異常の検知対象について異常が検知された場合の要因の推定を支援する。