このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018139660) 新規化合物及び制御性T細胞の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/139660 国際出願番号: PCT/JP2018/002826
国際公開日: 02.08.2018 国際出願日: 30.01.2018
IPC:
C07D 471/04 (2006.01) ,A61K 31/437 (2006.01) ,A61K 31/497 (2006.01) ,A61K 35/17 (2015.01) ,A61P 29/00 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,A61P 37/06 (2006.01) ,A61P 37/08 (2006.01) ,C12N 5/0783 (2010.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
471
縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,少なくとも1個の環が1個の窒素原子をもつ6員環であり,451/00から463/00に属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソー縮合系
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
4353
複素環とオルトまたはペリ縮合したもの
437
環異種原子として窒素を持つ5員環を含む複素環系と縮合したもの,例.インドリジン,β-カルボリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
4965
非縮合ピラジン
497
さらに複素環を含む非縮合ピラジン
[IPC code unknown for A61K 35/17]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
29
非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
37
免疫またはアレルギー疾患の治療薬
02
免疫調節剤
06
免疫抑制剤,例.移植組織拒絶反応に対応するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
37
免疫またはアレルギー疾患の治療薬
08
抗アレルギー剤
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
078
血液または免疫系からの細胞
0783
T細胞;NK細胞;T細胞又はNK細胞の前駆細胞
出願人:
国立大学法人京都大学 KYOTO UNIVERSITY [JP/JP]; 京都府京都市左京区吉田本町36番地1 36-1, Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6068501, JP
アステラス製薬株式会社 ASTELLAS PHARMA INC. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋本町二丁目5番1号 5-1, Nihonbashi-Honcho 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038411, JP
発明者:
坂口 志文 SAKAGUCHI, Shimon; JP
大倉 永也 OHKURA, Naganari; JP
三上 統久 MIKAMI, Norihisa; JP
成宮 周 NARUMIYA, Shuh; JP
赤松 政彦 AKAMATSU, Masahiko; JP
グーリャン シャー Guliang Xia; US
原田 博規 HARADA, Hironori; JP
中村 尚登 NAKAMURA, Naoto; JP
氏原 悟 UJIHARA, Satoru; JP
濱口 壽雄 HAMAGUCHI, Hisao; JP
代理人:
庄司隆 SHOJI, Takashi; JP
資延 由利子 SUKENOBU, Yuriko; JP
大杉 卓也 OHSUGI, Takuya; JP
優先権情報:
62/451,80730.01.2017US
62/491,27928.04.2017US
発明の名称: (EN) NOVEL COMPOUND, AND METHOD FOR PRODUCING REGULATORY T CELLS
(FR) NOUVEAU COMPOSÉ, ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE LYMPHOCYTES T RÉGULATEURS
(JA) 新規化合物及び制御性T細胞の製造方法
要約:
(EN) Provided are a novel compound having CDK8 and/or CDK19 inhibitory activity, and a method for producing Tregs. By treating T cells with a CDK8 and/or CDK19 inhibitor, Foxp3 is induced in the T cells. It is possible, in vitro, to induce Foxp3+T cells by treating Foxp3-T cells with a CDK8 and/or CDK19 inhibitor, and to thereby induce Tregs.
(FR) La présente invention concerne un nouveau composé présentant une activité inhibitrice du CDK8 et/ou du CDK19, et un procédé de production de Treg. En traitant des lymphocytes T avec un inhibiteur du CDK8 et/ou du CDK19, Foxp3 est induit dans les lymphocytes T. Il est possible, in vitro, d'induire les cellules Foxp3+ en traitant les lymphocytes T Foxp3 avec un inhibiteur du CDK8 et/ou du CDK19, et ainsi d'induire les Treg.
(JA) CDK8及び/又はCDK19阻害活性を有する新規な化合物及びTregの製造方法を提供する。CDK8及び/又はCDK19阻害剤でT細胞を処理することによって、当該T細胞にFoxp3を誘導する。in vitroにおいて、Foxp3-T細胞をCDK8及び/又はCDK19阻害剤で処理することによってFoxp3+T細胞に誘導でき、Tregを誘導することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)