このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018139163) ディスクブレーキ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/139163 国際出願番号: PCT/JP2017/047033
国際公開日: 02.08.2018 国際出願日: 27.12.2017
IPC:
F16D 65/18 (2006.01) ,B60T 13/74 (2006.01) ,F16D 65/02 (2006.01) ,H02K 7/102 (2006.01) ,H02K 7/116 (2006.01) ,F16D 121/04 (2012.01) ,F16D 121/24 (2012.01) ,F16D 123/00 (2012.01) ,F16D 125/04 (2012.01) ,F16D 125/36 (2012.01) ,F16D 125/40 (2012.01) ,F16D 125/48 (2012.01) ,F16D 125/50 (2012.01) ,F16D 131/00 (2012.01) ,F16H 1/06 (2006.01) ,F16H 1/28 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
14
ブレーキ用の作動機構;定められた位置で作用を起こすための手段
16
ブレーキ内またはブレーキ上に配置されたもの
18
部材を共に引き寄せることに適合されたもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
T
車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
13
補助動力または駆動動力を用いて初動装置から最終制動作動器への制動動作の伝達;そのような伝達装置が組み込まれた制動方式,例.空気圧制動方式
74
電気的補助力または駆動力をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
02
ブレーキ部材;それの装備
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
7
機械と結合して機械的エネルギを取り扱う装置,例.機械的駆動原動機または補助発電機,電動機との結合
10
クラッチ,制動機,歯車,プーリ,機械的始動機との結合
102
摩擦ブレーキをもつもの
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
7
機械と結合して機械的エネルギを取り扱う装置,例.機械的駆動原動機または補助発電機,電動機との結合
10
クラッチ,制動機,歯車,プーリ,機械的始動機との結合
116
歯車をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
121
ブレーキ作動源の種類
02
作動源が流体圧によるもの
04
ピストン型アクチュエータに作用するもの,例.液体圧用
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
121
ブレーキ作動源の種類
18
作動源が電磁気力であるもの
24
電動機
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
123
複数作動源の組み合わせ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
125
ブレーキ作動機構中の構成要素
02
流体圧によるもの
04
シリンダ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
125
ブレーキ作動機構中の構成要素
18
機械的なもの
20
回転-直線運動間の変換
34
直線運動の方向と回転運動の回転軸方向とが一致するもの
36
螺旋カム;ボールランプ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
125
ブレーキ作動機構中の構成要素
18
機械的なもの
20
回転-直線運動間の変換
34
直線運動の方向と回転運動の回転軸方向とが一致するもの
40
ねじ送り機構
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
125
ブレーキ作動機構中の構成要素
18
機械的なもの
44
回転運動同士の伝達
46
相互に係合する部材間の回転運動伝達
48
平行かつ固定された軸間の伝達,例.平歯車
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
125
ブレーキ作動機構中の構成要素
18
機械的なもの
44
回転運動同士の伝達
46
相互に係合する部材間の回転運動伝達
50
平行かつ固定されていない軸間の伝達,例.遊星歯車
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
131
ブレーキ作動機構またはその要素の全体的な配置,例.モジュール構造
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
1
回転運動伝達用歯車伝動装置
02
遊星運動をする歯車がないもの
04
ただ2つの相互にかみ合う部材を含むもの
06
平行な軸をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
1
回転運動伝達用歯車伝動装置
28
遊星運動をする歯車があるもの
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS,LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba,Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
三ツ木 隆志 MITSUGI, Takashi; JP
代理人:
特許業務法人はなぶさ特許商標事務所 HANABUSA PATENT & TRADEMARK OFFICE; 東京都千代田区神田駿河台三丁目2番地 新御茶ノ水アーバントリニティ Shin-Ochanomizu Urban Trinity, 2, Kandasurugadai 3-chome, Chiyoda-ku Tokyo 1010062, JP
優先権情報:
2017-01223426.01.2017JP
発明の名称: (EN) DISC BRAKE
(FR) FREIN À DISQUE
(JA) ディスクブレーキ
要約:
(EN) Each protruding part 181, 182 of a holder 205 engages a securing flange surface 202A of a motor flange 202, thereby securing a motor 200 in the motor axial direction and the motor rotational direction with respect to the holder 205. Therefore, the size of a housing for accommodating the motor gear assembly as well as the size of a disc brake can be reduced without sacrificing the freedom of design for ensuring a tool path.
(FR) La présente invention concerne chaque partie en saillie 181, 182 d'un support 205 qui vient en prise avec une surface de la bride de fixation 202A d'une bride de moteur 202, ce qui permet d'assujettir un moteur 200 dans la direction axiale du moteur et la direction de rotation du moteur par rapport au support 205. En conséquence, la taille d'un carter destiné à recevoir l'ensemble des engrenages du moteur ainsi que la taille d'un frein à disque peuvent être réduites sans sacrifier la liberté de conception destinée à assurer un trajet d'outil.
(JA) ホルダ205の各突出部181,182をモータフランジ202の固定フランジ面202Aに係合させることにより、モータ200をホルダ205に対してモータ軸方向およびモータ回転方向に固定したので、ツールパスを確保するために設計自由度が損なわれることがなく、モータギアアッシが収容されるハウジング、延いてはディスクブレーキをを小型化することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)