国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018139136) ポリカーボネート共重合体

Pub. No.:    WO/2018/139136    International Application No.:    PCT/JP2017/046163
Publication Date: Fri Aug 03 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Dec 23 00:59:59 CET 2017
IPC: C08G 64/04
C08K 5/13
C08K 5/49
C08L 69/00
Applicants: TEIJIN LIMITED
帝人株式会社
Inventors: TSUNEMORI Hideyuki
常守 秀幸
YAMANAKA Katsuhiro
山中 克浩
Title: ポリカーボネート共重合体
Abstract:
本発明の目的は、耐傷付き性、耐衝撃性、耐熱性およびアミン耐性に優れたポリカーボネート樹脂を提供することにある。 本発明は、主たる構成単位として、(A)下記式(1) (式(1)中、R1およびR2は夫々独立して、水素原子か、芳香族基を含んでもよい炭素原子数1~9の炭化水素基か、またはハロゲン原子である。) で表される構成単位(A)、 (B)下記式(2) (式(2)中、R3およびR4は夫々独立して、炭素原子数1~6のアルキル基またはハロゲン原子である。Xは、単結合か、置換もしくは無置換のアルキレン基か、置換もしくは無置換のアルカンジイル基か、硫黄原子か、または酸素原子である。) で表される構成単位(B)、および (C)下記式(3) (式(3)中、Wは、単結合か、置換もしくは無置換のアルキレン基か、置換もしくは無置換のアルカンジイル基か、硫黄原子か、または酸素原子を示す。) で表される構成単位(C)から構成され、全構成単位における構成単位(A)の割合が5~25モル%、構成単位(B)の割合が35~60モル%、構成単位(C)の割合が30~50モル%である、ポリカーボネート共重合体である。