WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/138929 国際出願番号: PCT/JP2017/003246
国際公開日: 02.08.2018 国際出願日: 30.01.2017
IPC:
A61K 31/7024 (2006.01) ,A23L 2/38 (2006.01) ,A23L 2/52 (2006.01) ,A23L 33/105 (2016.01) ,A61K 8/60 (2006.01) ,A61K 36/45 (2006.01) ,A61P 3/04 (2006.01) ,A61P 3/10 (2006.01) ,A61P 9/12 (2006.01) ,A61P 17/00 (2006.01) ,A61P 25/20 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,A61Q 5/00 (2006.01) ,A61Q 19/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7024
糖類のエステル
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2
非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調整
38
その他の非アルコール飲料
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2
非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調整
52
成分を添加するもの
[IPC code unknown for A23L 33/105]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
60
糖類;その誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
185
モクレン網(双子葉植物)
45
ツツジ科,例.ブルーベリー,クランベリーまたはビルベリー
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
04
食欲減退薬;抗肥満薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
08
グルコースホメオスタシスのためのもの
10
過血糖症のためのもの,例.糖尿病治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9
循環器系疾患の治療剤
12
抗高血圧剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
17
皮膚疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
20
催眠薬;鎮静剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
5
毛髪手入れ用製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
19
スキンケア剤
出願人: ORYZA OIL & FAT CHEMICAL CO., LTD.[JP/JP]; 1,Aza Numata, Kitagata, Kitagata-cho, Ichinomiya-shi Aichi 4938001, JP
発明者: SHIMODA Hiroshi; JP
KOHATSU Marina; JP
TODA Kazuya; JP
MURAI Hiromichi; JP
代理人: KUMAZAKI Yoichi; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) CIRCADIAN RHYTHM REGULATOR
(FR) RÉGULATEUR DU RYTHME CIRCADIEN
(JA) 概日リズム調節剤
要約:
(EN) Provided are a novel use of 1,2-di-O-galloyl-4,6-O-(S)-hexahydroxydiphenoyl-β-D-glucose (hereinafter abbreviated as "GHG") which is contained in a large amount in purple tea produced in Kenya (scientific name: Camellia sinensis, variety name: TRFK306); and a novel circadian rhythm regulator which is widely usable as medicines, beverages, foods and cosmetics. The circadian rhythm regulator according to the present invention is characterized by comprising GHG as an active ingredient having an effect of promoting the expression of Bmal1 gene. Also, the circadian rhythm regulator according to the present invention is characterized by comprising a GHG-containing extract derived from the purple tea produced in Kenya as an active ingredient having an effect of promoting the expression of Bmal1 gene.
(FR) L'invention concerne une nouvelle utilisation du 1,2-di-O-galloyl-4,6-O-(S)-hexahydroxydiphénoyl-β-D-glucose (ci-après abrégé « GHG ») qui est présent en grande quantité dans le thé pourpre produit au Kenya (nom scientifique : Camellia sinensis, nom de la variété : TRFK306) ; et un nouveau régulateur du rythme circadien qui peut être largement utilisé dans des médicaments, des boissons, des aliments et des produits cosmétiques. Le régulateur du rythme circadien selon la présente invention est caractérisé en ce qu'il comprend du GHG en tant que principe actif ayant pour effet de favoriser l'expression du gène Bmal1. En outre, le régulateur du rythme circadien selon la présente invention est caractérisé en ce qu'il comprend un extrait contenant du GHG dérivé du thé pourpre produit au Kenya en tant que principe actif ayant pour effet de favoriser l'expression du gène Bmal1.
(JA) ケニア産紫茶(学名:Camellia sinensis、品種名TRFK306)に豊富に含まれる1,2-di-O-galloyl-4,6-O-(S)-hexahydroxydiphenoyl-β-D-glucose (以下、略して「GHG」という。)に新たな用途を提供し、薬品や飲食品、化粧料として幅広い用途に活用しうる新規な概日リズム調節剤を提供する。 本発明の概日リズム調節剤は、Bmal1遺伝子発現促進作用の有効成分としてGHGを含有することを特徴とする。また、本発明の概日リズム調節剤は、Bmal1遺伝子発現促進作用の有効成分としてケニア産紫茶由来のGHG含有抽出物を含有することを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)