このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018138901) スペクトルデータ処理装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/138901 国際出願番号: PCT/JP2017/003134
国際公開日: 02.08.2018 国際出願日: 30.01.2017
IPC:
G01N 30/86 (2006.01) ,G01N 27/62 (2006.01) ,G01N 30/72 (2006.01) ,G01N 30/74 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30
吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
02
カラムクロマトグラフィ
86
信号解析
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
27
電気的,電気化学的,または磁気的手段の利用による材料の調査または分析
62
ガスのイオン化の調査によるもの;放電の調査によるもの,例.陰極の放射
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30
吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
02
カラムクロマトグラフィ
62
カラムクロマトグラフィに特に用いられる検出器
72
質量分析計
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30
吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
02
カラムクロマトグラフィ
62
カラムクロマトグラフィに特に用いられる検出器
74
光学的検出器
出願人:
株式会社島津製作所 SHIMADZU CORPORATION [JP/JP]; 京都府京都市中京区西ノ京桑原町1番地 1, Nishinokyo-Kuwabara-cho, Nakagyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6048511, JP
発明者:
河村 和広 KAWAMURA, Kazuhiro; JP
工藤 恭彦 KUDO, Yukihiko; JP
代理人:
特許業務法人京都国際特許事務所 KYOTO INTERNATIONAL PATENT LAW OFFICE; 京都府京都市下京区東洞院通四条下ル元悪王子町37番地 豊元四条烏丸ビル Hougen-Sizyokarasuma Building, 37, Motoakuozi-tyo, Higasinotouin Sizyo-sagaru, Simogyo-ku, Kyoto-si, Kyoto 6008091, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) SPECTRUM DATA PROCESSING DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE TRAITEMENT DE DONNÉES DE SPECTRE
(JA) スペクトルデータ処理装置
要約:
(EN) According to the present invention, a mass spectrum creation unit (22) creates an original mass spectrum at a peak of a target compound on the basis of data collected by analyzing a sample. According to a plurality of prescribed background acquisition conditions, a background spectrum creation unit (23) creates respective background spectra. A difference mass spectrum obtaining unit (25) obtains difference mass spectra by subtracting the background spectra from the original mass spectrum, and a spectrum similarity calculation unit (27) calculates a similarity between each of the difference mass spectra and a standard mass spectrum of a candidate compound selected from a spectrum library (28). A compound identification unit (29) identifies, as a target compound, the candidate compound, when the maximum similarity exceeds a prescribed threshold value. Accordingly, it is unnecessary for an operator to designate a background acquisition condition while checking a chromatogram, etc., and it is possible to accurately identify a compound on the basis of a result obtained by properly removing a background.
(FR) Selon la présente invention, une unité de création de spectres de masse (22) crée un spectre original de masse à une crête d’un composé cible sur la base de données collectées par l’analyse d’un échantillon. Selon une pluralité de conditions prescrites d’acquisition d’arrière-plan, une unité de création de spectres d’arrière-plan (23) crée des spectres respectifs d’arrière-plan. Une unité d’obtention de spectres de masse de différence (25) obtient des spectres de masse de différence en soustrayant les spectres d’arrière-plan du spectre original de masse, et une unité de calcul de similitude de spectres (27) calcule une similitude entre chacun des spectres de masse de différence et un spectre de masse normalisé d’un composé candidat sélectionné à partir d’une bibliothèque de spectres (28). Une unité d’identification de composés (29) identifie, en tant que composé cible, le composé candidat, lorsque la similitude maximale dépasse une valeur de seuil prescrite. Par conséquent, il n’est pas nécessaire qu’un opérateur désigne une condition d’acquisition d’arrière-plan tout en vérifiant un chromatogramme, etc., et il est possible d’identifier précisément un composé sur la base d’un résultat obtenu en retirant correctement un arrière-plan.
(JA) マススペクトル作成部(22)は、試料に対する分析により収集されたデータに基づき目的化合物のピークにおける原マススペクトルを作成する。バックグラウンドスペクトル作成部(23)は所定の複数のバックグラウンド取得条件に従ってそれぞれバックグラウンドスペクトルを作成する。差分マススペクトル算出部(25)は原マススペクトルからバックグラウンドスペクトルを減算した差分マススペクトルを求め、スペクトル類似度計算部(27)は各差分マススペクトルとスペクトルライブラリ(28)から選択された候補化合物の標準マススペクトルとの類似度を計算する。化合物同定部(29)は最大類似度が所定閾値を超えていれば候補化合物を目的化合物として同定する。これにより、操作者がクロマトグラム等を確認しながらバックグラウンド取得条件を指定する必要がなく、適切にバックグラウンド除去がなされた結果に基づく正確な化合物同定が可能となる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)