国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018135599) 遅延疎行列

Pub. No.:    WO/2018/135599    International Application No.:    PCT/JP2018/001465
Publication Date: Fri Jul 27 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Jan 19 00:59:59 CET 2018
IPC: G06F 17/16
Applicants: NIITSUMA Hirotaka
新妻弘崇
Inventors: NIITSUMA Hirotaka
新妻弘崇
Title: 遅延疎行列
Abstract:
メモリに収まりきらない行列データが出現する計算をメモリに収まるようにする解決手段として行列を生成する手順を、より少ないメモリで表現し、 行列の値が必要になったら、毎回その手順を遅延評価して値を計算しなおすことでメモリ使用量を減らす。 Sparse Matrixのcorrespondence analysisで特に有効で、Sparse Matrixを正規化する過程でできてしまう Dense Matrixをメモリに保存しないでSparse Matrixの状態のままで計算ができる。 このcorrespondence analysisで計算するSingular Value Decompositionとして randomized singular value decompositionを利用すると,基になる行列と任意の行列との積だけを遅延評価で計算できるように技術するだけで良いため、 必要となるメモリーは基になるSparse Matrixとほぼ同程度のメモリーが必要なだけにできる。 従来はこのSingular Value Decompositionの計算の過程でDense Matrixへの変換を行うことでメモリーを大幅に必要としていた。