国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018135461) 緩衝器

Pub. No.:    WO/2018/135461    International Application No.:    PCT/JP2018/000947
Publication Date: Fri Jul 27 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Jan 17 00:59:59 CET 2018
IPC: F16F 9/46
F16F 9/32
F16F 9/34
Applicants: HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD.
日立オートモティブシステムズ株式会社
Inventors: KADOKURA, Kosuke
門倉 皓介
NAKADATE, Takao
中楯 孝雄
MORI, Shunsuke
森 俊介
YUNO, Osamu
湯野 治
Title: 緩衝器
Abstract:
消費電力が小さく、かつフェイル時の減衰力を調整可能な緩衝器を提供する。 緩衝器において、伸び側排出通路には、共通通路から縮み側通路側への作動流体の流れを許容する伸び側逆止弁と、縮み側通路と縮み側背圧室とを連通させる縮み側オリフィスと、が設けられる。縮み側排出通路には、共通通路から伸び側通路側への作動流体の流れを許容する縮み側逆止弁と、伸び側通路と伸び側背圧室とを連通させる伸び側オリフィスと、が設けられる。パイロット弁は、共通通路内に摺動可能に挿入される弁体と、弁体を開弁方向へ付勢する弁ばねと、を備える。弁体は、弁ばねの付勢力により開弁方向へストロークされたときに上流側の背圧室と下流側の共通通路との間の通路に嵌合される嵌合部と、嵌合部に設けられる切欠きと、を備える。切欠きは、嵌合部が通路に嵌合されたときに上流側の背圧室と下流側の共通通路とを連通させるオリフィスを形成する。