国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018135085) パンク修理液収容容器

Pub. No.:    WO/2018/135085    International Application No.:    PCT/JP2017/039656
Publication Date: Fri Jul 27 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Nov 03 00:59:59 CET 2017
IPC: B65D 83/00
B29C 73/02
Applicants: THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD.
横浜ゴム株式会社
Inventors: SEKIGUCHI Takumi
関口 巧
Title: パンク修理液収容容器
Abstract:
簡潔な構成で圧縮空気やパンク修理液の供給状態を確認可能にしたパンク修理液収容容器を提供する。容器本体10の開口部12に装着されたキャップに形成されて容器内のパンク修理液を容器外に放出するための流出路40を、容器本体10内に向かって開口する開口端とキャップ20内で終端する閉止端とを備えた直進部41と、直進部41の中腹に連通する連通端と容器外に向かって開口する開口端とを備えた分岐部42とで構成し、直進部41の閉止端に貫通孔44を設け、直進部41に摺動可能に挿入された閉止栓43に形成された突起部43Bを貫通孔44内に摺動可能に挿入し、閉止栓43によって流出路40が閉止され、且つ、突起部43Bが貫通孔44内に位置する閉止状態と、閉止栓43によって流出路40が開放され、且つ、突起部43Bの先端が貫通孔44から突き出した開放状態とを切り替え可能にする。