国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018134970) アルミニウム又はアルミ合金の着色処理方法

Pub. No.:    WO/2018/134970    International Application No.:    PCT/JP2017/001937
Publication Date: Fri Jul 27 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Jan 21 00:59:59 CET 2017
IPC: C25D 11/18
C25D 11/20
Applicants: G.H.A CO., LTD.
株式会社G.H.A
Inventors: MATSUO Yuichiro
松尾 勇一郎
Title: アルミニウム又はアルミ合金の着色処理方法
Abstract:
【課題】 染料粒子を溶解させた溶液の劣化を抑え、長時間放置してもこの溶液を使用することができるアルミニウム又はアルミ合金の着色処理方法を提供すること。 【解決手段】 アルミニウム又はその合金から形成された母材の少なくとも一部の表面に陽極酸化皮膜を形成する陽極酸化皮膜形成工程と、染料粒子を溶解させた染料溶液に母材の陽極酸化皮膜を浸漬させて陽極酸化皮膜の多数の細孔内に染料粒子を析出させて着色する染料析出工程と、染料析出工程の後に陽極酸化皮膜の多数の細孔を封孔する封孔処理工程とを含み、染料析出工程の前に、陽極酸化皮膜の多数の細孔内に抗菌性金属を析出させる金属析出工程を行うアルミニウム又はアルミ合金の着色処理方法。陽極酸化皮膜に析出させる抗菌性金属として銀又は銅が好ましい。