このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018131617) 複列自動調心ころ軸受および飛出し止め治具
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/131617 国際出願番号: PCT/JP2018/000378
国際公開日: 19.07.2018 国際出願日: 10.01.2018
IPC:
F16C 23/08 (2006.01) ,F16C 19/38 (2006.01) ,F16C 33/58 (2006.01) ,F16C 35/06 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
23
専ら回転運動のための、調心または位置調節のできる軸受
06
玉軸受またはころ軸受
08
自己調節のできるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
22
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさのころをもつもの,例.針状ころ軸受
34
ラジアル荷重およびアキシァル荷重用
38
複列または多列のころをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
35
軸受ユニットの固定的支持;ハウジング,例.キャップ,カバー
04
玉軸受またはころ軸受の場合
06
玉軸受またはころ軸受のすえ付け;軸またはハウジングへのそれらの固定
出願人:
NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP
発明者:
▲瀬▼古 一将 SEKO, Kazumasa; JP
山本 貴志 YAMAMOTO, Takashi; JP
井上 靖之 INOUE, Yasuyuki; JP
堀 径生 HORI, Michio; JP
代理人:
杉本 修司 SUGIMOTO, Shuji; JP
野田 雅士 NODA, Masashi; JP
堤 健郎 TSUTSUMI, Takeo; JP
優先権情報:
2017-00389513.01.2017JP
2017-16007423.08.2017JP
発明の名称: (EN) DOUBLE-ROW SELF-ALIGNING ROLLER BEARING AND PROTRUSION PREVENTION JIG
(FR) ROULEMENT À ROULEAUX À ALIGNEMENT AUTOMATIQUE ET DOUBLE RANGÉE ET GABARIT DE PRÉVENTION DE SAILLIE
(JA) 複列自動調心ころ軸受および飛出し止め治具
要約:
(EN) This double-row self-aligning roller bearing (1) has rollers (4, 5) interposed in two rows in parallel in the bearing width direction between an inner ring (2) and an outer ring (3). The raceway surface (3a) of the outer ring (3) has a spherical shape. The outer circumferential surface of each of the rollers (4, 5) has a cross-sectional shape conforming to the raceway surface (3a) of the outer ring (3). Either or both of the shapes and contact angles (θ1, θ2) of the rollers (4, 5) differ from each other. Mounting holes (15, 16), in which a protrusion prevention jig (17) can be mounted, are provided in width surfaces (2c, 3b) of at least any one among the inner ring (2) and the outer ring (3). The protrusion prevention jig (17) prevents the width surfaces (2c, 2d) of the inner ring (2) from protruding further in the bearing width direction than the width surfaces (3b, 3c) of the outer ring (3).
(FR) L'invention concerne un roulement à rouleaux à alignement automatique et double rangée (1) comprenant des rouleaux (4, 5) interposés en deux rangées en parallèle dans la direction de la largeur du roulement entre un anneau interne (2) et un anneau externe (3). La surface de chemin de roulement (3a) de l'anneau externe (3) a une forme sphérique. La surface circonférentielle externe de chacun des rouleaux (4, 5) a une forme en section transversale s'adaptant à la surface de chemin de roulement (3a) de l'anneau externe (3). Les formes et/ou les angles de contact (θ1, θ2) des rouleaux (4, 5) diffèrent l'un par rapport à l'autre. Des trous de montage (15, 16), dans lesquels un gabarit de prévention de saillie (17) peut être monté, sont disposés dans des surfaces de largeur (2c, 3b) d'au moins un anneau quelconque parmi l'anneau interne (2) et l'anneau externe (3). Le gabarit de prévention de saillie (17) empêche les surfaces de largeur (2c, 2d) de l'anneau interne (2) de faire saillie davantage dans la direction de la largeur du roulement que les surfaces de largeur (3b, 3c) de l'anneau externe (3).
(JA) 複列自動調心ころ軸受(1)は、内輪(2)と外輪(3)との間に、軸受幅方向に並んで2列にころ(4,5)が介在する。外輪(3)の軌道面(3a)は球面状である。ころ(4,5)は外周面が外輪(3)の軌道面(3a)に沿う断面形状である。ころ(4,5)は、それぞれの形状および接触角(θ1,θ2)のいずれか一方または両方が互いに異なる。内輪(2)および外輪(3)の少なくともどちらか一方の幅面(2c,3b)に、飛出し止め治具(17)を取付可能な取付孔(15,16)が設けられている。飛出し止め治具(17)は、外輪(3)の幅面(3b,3c)よりも内輪(2)の幅面(2c,2d)が軸受幅方向に飛び出すことを防止する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)