WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018131443) ピストン製造方法、ピストンピン孔計測方法およびピストン
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/131443 国際出願番号: PCT/JP2017/046306
国際公開日: 19.07.2018 国際出願日: 25.12.2017
IPC:
B23P 15/10 (2006.01) ,F02F 3/00 (2006.01) ,F16J 1/18 (2006.01) ,G01B 11/02 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
P
金属の他の加工;複合作業;万能工作機械
15
単一の他のサブクラスまたはこのサブクラスにおける単一グループに分類されない作業による特殊な物品の製造
10
ピストンの製造
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
J
ピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
1
ピストン;トランクピストン;プランジャ
10
駆動部材の連結
14
連接棒をもつもの,すなわち枢軸の連結
16
ピストンピンをもつもの;ピストンピン
18
ピストンピンの固着
G 物理学
01
測定;試験
B
長さ,厚さまたは同種の直線寸法の測定;角度の測定;面積の測定;表面または輪郭の不規則性の測定
11
光学的手段の使用によって特徴づけられた測定装置
02
長さ,幅または厚み測定用
出願人: HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD.[JP/JP]; 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者: TANIGUCHI, Atsushi; JP
MARUYAMA, Shigenobu; JP
MIYATA, Kazushi; JP
TAKAHASHI, Norikazu; JP
SASAKI, Masato; JP
代理人: SUNNEXT INTERNATIONAL PATENT OFFICE; Seafort Square Center Building, 16F, 2-3-12, Higashishinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo 1400002, JP
優先権情報:
2017-00431713.01.2017JP
発明の名称: (EN) PISTON MANUFACTURING METHOD, PISTON PINHOLE MEASUREMENT METHOD, AND PISTON
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE PISTON, PROCÉDÉ DE MESURE DE TROU D’AXE DE PISTON ET PISTON
(JA) ピストン製造方法、ピストンピン孔計測方法およびピストン
要約:
(EN) Provided is a piston manufacturing method including: a formation step for forming a reference surface on a crown surface of a piston; a processing step for processing a piston pinhole in a set position, with the reference surface as a positional reference in the piston axial direction; a measurement step for measuring a compression height, which is a distance from the piston pinhole to the reference surface; and an evaluation step for evaluating the piston axial direction position of the piston pinhole on the basis of the difference between the measured compression height and a distance reference value.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication de piston comprenant : une étape de formation permettant de former une surface de référence sur une surface de couronne d'un piston ; une étape de traitement permettant de traiter un trou d’axe de piston dans une position définie, la surface de référence faisant office de référence de position dans la direction axiale du piston ; une étape de mesure permettant de mesurer une hauteur de compression, qui est une distance du trou d’axe de piston à la surface de référence ; et une étape d'évaluation permettant d’évaluer la position de direction axiale du piston du trou d’axe de piston sur la base de la différence entre la hauteur de compression mesurée et une valeur de référence de distance.
(JA) ピストン製造方法は、ピストンの冠面に基準面を形成する形成ステップと、前記基準面をピストン軸方向の位置基準として、設定された位置にピストンピン孔を加工する加工ステップと、前記ピストンピン孔から前記基準面までの距離であるコンプレッションハイトを計測する計測ステップと、計測されたコンプレッションハイトと距離基準値との差に基づいて、前記ピストンピン孔のピストン軸方向位置を評価する評価ステップと、を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)