国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018131386) カーボンナノチューブウェブの引出方法

Pub. No.:    WO/2018/131386    International Application No.:    PCT/JP2017/045130
Publication Date: Fri Jul 20 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Dec 16 00:59:59 CET 2017
IPC: C01B 32/168
D02G 3/16
Applicants: HITACHI ZOSEN CORPORATION
日立造船株式会社
Inventors: FUJIMOTO, Norifumi
藤本 典史
INOUE, Tetsuya
井上 鉄也
Title: カーボンナノチューブウェブの引出方法
Abstract:
カーボンナノチューブが引き出されることによる端部屑の発生、および発生した端部屑のカーボンナノチューブウェブへの混入を防止することを目的とする。本発明の一態様のカーボンナノチューブウェブの引き出し方法は、幅がCNTアレイ(1)における一本のCNT(2)の長さよりも小さい溝部(11)を形成するとともに、溝部(11)と隣接する領域に形成されCNTアレイ(1)からCNT(2)が引き出されにくい引出困難部(12)を形成する引出困難部形成工程と、複数の引出困難部(12)の間においてCNTアレイ(1)からCNTウェブ(10)を引き出す引出工程と、を含む。