このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018131182) 脆性材料基板の端部仕上げ装置、及び脆性材料基板の端部仕上げ方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/131182 国際出願番号: PCT/JP2017/018135
国際公開日: 19.07.2018 国際出願日: 15.05.2017
IPC:
C03B 29/08 (2006.01) ,B24B 9/10 (2006.01) ,C03C 23/00 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
29
ガラス製品の表面軟化または表面溶融のための再加熱;火仕上げ;縁やき
04
連続的
06
製品が水平に移動するもの
08
板ガラス
B 処理操作;運輸
24
研削;研磨
B
研削または研磨するための機械,装置,または方法;研削面のドレッシングまたは正常化;研削剤,研磨剤,またはラッピング剤の供給
9
工作物の端部または斜面を研削またはバリ除去のために設計された機械または装置;そのための附属装置
02
研削されるべき物体の材質の特性に関する特別な設計により特徴づけられるもの
06
非金属無機材料,例.石,セラミック,磁器,の研削
08
ガラスの研削
10
板ガラスの研削
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
23
繊維やフィラメントの形態をとらない繊維以外のガラスのその他の表面処理
出願人:
川崎重工業株式会社 KAWASAKI JUKOGYO KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 兵庫県神戸市中央区東川崎町3丁目1番1号 1-1, Higashikawasaki-cho 3-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6508670, JP
発明者:
大串 修己 OOGUSHI, Osami; --
田中 秀幸 TANAKA, Hideyuki; --
代理人:
桂川 直己 KATSURAGAWA, Naoki; JP
優先権情報:
2017-00491916.01.2017JP
発明の名称: (EN) DEVICE FOR EDGE FINISHING BRITTLE MATERIAL SUBSTRATE AND METHOD FOR EDGE FINISHING BRITTLE MATERIAL SUBSTRATE
(FR) DISPOSITIF DE FINITION DE BORD D’UN SUBSTRAT EN MATÉRIAU FRAGILE ET PROCÉDÉ DE FINITION DE BORD D’UN SUBSTRAT EN MATÉRIAU FRAGILE
(JA) 脆性材料基板の端部仕上げ装置、及び脆性材料基板の端部仕上げ方法
要約:
(EN) This edge finishing device (90) for use on a glass substrate (1) as a brittle material substrate includes a first heating unit (10) and a second heating unit (20). The first heating unit (10) heats an edge of the glass substrate (1) to melt the edge to smoothen irregularities. The second heating unit (20) heats a plate surface of the glass substrate (1) near the location which is to be smoothened by the first heating unit (10) at a heating temperature that is lower than that of the first heating unit (10).
(FR) La présente invention concerne un dispositif de finition de bord (90) destiné à l’utilisation sur un substrat en verre (1) comme substrat en matériau fragile comprenant une première unité de chauffage (10) et une seconde unité de chauffage (20). La première unité de chauffage (10) chauffe un bord du substrat en verre (1) pour faire fondre le bord afin de lisser les irrégularités. La seconde unité de chauffage (20) chauffe une surface de plaque du substrat en verre (1) près de l’emplacement qui doit être lissé par la première unité de chauffage (10) à une température de chauffage qui est inférieure à celle de la première unité de chauffage (10).
(JA) 脆性材料基板としてのガラス基板(1)の端部仕上げ装置(90)は、第1加熱部(10)と、第2加熱部(20)と、を備える。第1加熱部(10)は、ガラス基板(1)の端部を溶融して凹凸を平滑化するために当該端部を加熱する。第2加熱部(20)は、第1加熱部(10)により平滑化が施される位置の近傍のガラス基板(1)の板面を、第1加熱部(10)による加熱温度よりも低い温度で加熱する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)