このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018128177) インスリン産生細胞分化誘導促進剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/128177 国際出願番号: PCT/JP2018/000019
国際公開日: 12.07.2018 国際出願日: 04.01.2018
IPC:
C12N 5/077 (2010.01) ,C12N 5/0735 (2010.01) ,C12N 5/10 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
077
間葉細胞,例.骨細胞,軟骨細胞,骨髄間質細胞,脂肪細胞または筋肉細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
073
胚細胞または組織;胎児細胞または組織
0735
胚性幹細胞;胚性生殖細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
出願人:
味の素株式会社 AJINOMOTO CO., INC. [JP/JP]; 東京都中央区京橋一丁目15番1号 15-1, Kyobashi 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048315, JP
発明者:
小西 敦 KONISHI, Atsushi; JP
原田 英里 HARADA, Eri; JP
大貫 元 ONUKI, Hajime; JP
代理人:
高島 一 TAKASHIMA, Hajime; JP
鎌田 光宜 KAMADA, Mitsunori; JP
優先権情報:
2017-00077905.01.2017JP
発明の名称: (EN) PROMOTER FOR INDUCING DIFFERENTIATION INTO INSULIN-PRODUCING CELLS
(FR) PROMOTEUR D’INDUCTION DE LA DIFFÉRENCIATION EN CELLULES PRODUISANT DE L’INSULINE
(JA) インスリン産生細胞分化誘導促進剤
要約:
(EN) The purpose of the present invention to provide a method/means for more efficiently inducing differentiation into insulin-producing cells, in a system for inducing differentiation from pluripotent stem cells, such as iPS cells, into insulin-producing cells. A compound having an ABL1 tyrosine kinase inhibitory effect serves to promote the induction of differentiation from pluripotent stem cells into insulin-producing cells, and thus can be used as an agent for inducing differentiation into insulin-producing cells.
(FR) La présente invention concerne un procédé/moyen d’induire plus efficacement la différenciation en cellules produisant de l’insuline, dans un système d’induction de la différenciation à partir de cellules souches pluripotentes, telles que les cellules (iPS), en cellules produisant de l’insuline. Un composé ayant un effet inhibiteur tyrosine kinase (ABL1) sert à promouvoir l’induction de la différenciation à partir de cellules souches pluripotentes en cellules produisant de l’insuline, et ainsi peut être utilisé comme agent d’induction de la différenciation en cellules produisant de l’insuline.
(JA) 本発明は、iPS細胞等の多能性幹細胞をインスリン産生細胞に分化誘導する系において、より効率よくインスリン産生細胞へと分化誘導し得る方法・手段を提供することを目的としている。ABL1チロシンキナーゼ阻害作用を有する化合物は、多能性幹細胞からインスリン産生細胞への分化誘導を促進する作用を有し、従ってインスリン産生細胞への分化誘導剤として使用できる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)