国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018124165) 液晶配向剤、液晶配向膜、及び液晶表示素子

Pub. No.:    WO/2018/124165    International Application No.:    PCT/JP2017/046852
Publication Date: Fri Jul 06 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Dec 28 00:59:59 CET 2017
IPC: G02F 1/1337
Applicants: NISSAN CHEMICAL CORPORATION
日産化学株式会社
Inventors: KATAYAMA, Masaaki
片山 雅章
HORI, Takao
堀 隆夫
MIKI, Noritoshi
三木 徳俊
GOTO, Kohei
後藤 耕平
Title: 液晶配向剤、液晶配向膜、及び液晶表示素子
Abstract:
本発明は、以下の成分(A)、(B)及び(C)を含有する、液晶配向剤に関する: (A)ポリイミド、ポリアミック酸、ポリアミック酸エステル、ポリオルガノシロキサン、ポリエステル、ポリアミド、及び重合性不飽和結合を有するモノマーの重合体からなる群より選ばれる少なくとも一種の重合体;(B)ポリエーテルポリオール、ポリエステルポリオール、ポリカーボネートポリオール、及びポリカプロラクトンポリオールからなる群より選ばれる少なくとも1種の化合物;及び(C)有機溶媒。本発明による液晶配向剤は、低温焼成を行っても密着性が良好であり、該液晶配向剤から得られる液晶配向膜を提供することができる。