このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018124143) 新規ステビオール配糖体およびその製造方法、ならびにそれを含む甘味料組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/124143 国際出願番号: PCT/JP2017/046806
国際公開日: 05.07.2018 国際出願日: 26.12.2017
IPC:
C07H 15/256 (2006.01) ,A01H 5/00 (2018.01) ,A23L 27/00 (2016.01) ,A23L 27/20 (2016.01) ,C12P 19/00 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01) ,C07K 14/415 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
H
糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
15
糖類基の異種原子に直接結合する炭化水素または置換炭化水素基を含有する化合物
20
炭素環
24
3個以上の環をもつ縮合環系
256
ポリテルペン基
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
5
開花植物,すなわち,被子植物
[IPC code unknown for A23L 27][IPC code unknown for A23L 27/20]
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
19
糖類基を含む化合物の製造
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
415
植物から
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
サントリーホールディングス株式会社 SUNTORY HOLDINGS LIMITED [JP/JP]; 大阪府大阪市北区堂島浜2丁目1番40号 1-40, Dojimahama 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308203, JP
発明者:
岩城 一考 IWAKI Kazunari; JP
宮川 克郎 MIYAGAWA Katsuro; JP
小埜 栄一郎 ONO Eiichiro; JP
平井 正良 HIRAI Tadayoshi; JP
落合 美佐 OCHIAI Misa; JP
長尾 浩二 NAGAO Koji; JP
浦井 聡一郎 URAI Soichiro; JP
渡辺 健宏 WATANABE Takehiro; JP
藤川 紘樹 FUJIKAWA Kohki; JP
代理人:
小林 浩 KOBAYASHI Hiroshi; JP
箱田 満 HAKODA Mitsuru; JP
鈴木 康仁 SUZUKI Yasuhito; JP
優先権情報:
2016-25324827.12.2016JP
発明の名称: (EN) NOVEL STEVIOL GLYCOSIDE, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND SWEETENER COMPOSITION CONTAINING SAME
(FR) NOUVEAU GLYCOSIDE DE STÉVIOL, SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION ET COMPOSITION D'ÉDULCORANT LE CONTENANT
(JA) 新規ステビオール配糖体およびその製造方法、ならびにそれを含む甘味料組成物
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to determine the structure of a novel steviol glycoside that is detected in breeds containing an abundance of Reb.C (also called dulcoside B) and that affects the quality of taste in a small amount, and to identify the quality of taste properties. According to the present invention, a compound represented by formula (1), or a derivative, salt, or hydrate thereof is provided.
(FR) L'objectif de la présente invention est de déterminer la structure d'un nouveau glycoside de stéviol qui est détecté dans des races contenant une abondance de Reb.C (également nommé dulcoside B) qui affecte la qualité du goût en une petite quantité et pour identifier la qualité des propriétés gustatives. La présente invention concerne également, un composé représenté par la formule (1), ou un dérivé, un sel ou un hydrate de celui-ci.
(JA) 本発明は、Reb.C(ズルコサイドBともいう)を多く含む品種から検出される、味質に影響を与える微量の新規ステビオール配糖体の構造を決定し、その味質特性を把握することを目的とする。本発明によれば、式(1) で示される化合物、またはその誘導体、塩、もしくは水和物が提供される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
AU2017388706