このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018124142) 高レバウジオシドC含有ステビア植物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/124142 国際出願番号: PCT/JP2017/046805
国際公開日: 05.07.2018 国際出願日: 26.12.2017
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,A01H 5/00 (2018.01) ,A01H 5/10 (2018.01) ,A01H 5/12 (2018.01) ,A01H 6/14 (2018.01) ,A23L 27/00 (2016.01) ,A23L 33/105 (2016.01) ,A61K 8/60 (2006.01) ,A61K 31/704 (2006.01) ,A61K 36/28 (2006.01) ,A61K 47/26 (2006.01) ,A61P 3/04 (2006.01) ,A61Q 13/00 (2006.01) ,C12N 5/04 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
5
開花植物,すなわち,被子植物
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
5
開花植物,すなわち,被子植物
10
種子
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
5
開花植物,すなわち,被子植物
12
[IPC code unknown for A01H 6/14][IPC code unknown for A23L 27][IPC code unknown for A23L 33/105]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
30
有機化合物を含むもの
60
糖類;その誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7028
グリコシド結合により,糖類でない化合物と結合した糖類基を持つ化合物
7034
炭素環と結合したもの,例.フロリジン
704
縮合炭素環系に結合したもの,例.センノシド,チオコルチコシド,エスシン,ダウノルビシン,ジギトキシン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
36
藻類,地衣類,菌類もしくは植物又はそれらの派生物からの物質を含有する構造未知の医薬品製剤
18
被子植物門
185
モクレン網(双子葉植物)
28
キク科,例.カモミール,ナツシロギク,ノコギリソウまたはエキナセア
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
06
有機物質
26
炭水化物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
04
食欲減退薬;抗肥満薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
13
香料用の製剤または添加剤
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
04
植物細胞または組織
出願人:
サントリーホールディングス株式会社 SUNTORY HOLDINGS LIMITED [JP/JP]; 大阪府大阪市北区堂島浜2丁目1番40号 1-40, Dojimahama 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308203, JP
発明者:
岩城 一考 IWAKI Kazunari; JP
小埜 栄一郎 ONO Eiichiro; JP
平井 正良 HIRAI Tadayoshi; JP
宮川 克郎 MIYAGAWA Katsuro; JP
代理人:
小林 浩 KOBAYASHI Hiroshi; JP
三橋 規樹 MITSUHASHI Motoki; JP
鈴木 康仁 SUZUKI Yasuhito; JP
優先権情報:
2016-25354327.12.2016JP
発明の名称: (EN) HIGH REBAUDIOSIDE C-CONTENT STEVIA PLANT
(FR) PLANTE STÉVIA À TENEUR ÉLEVÉE EN RÉBAUDIOSIDE C
(JA) 高レバウジオシドC含有ステビア植物
要約:
(EN) An objective of the present invention is to provide a stevia plant having a high content of rebaudioside C. The present invention provides a high rebaudioside C-content type, non genetically modified stevia plant that has a higher content of rebaudioside C than wild-type stevia varieties, more specifically at least 20% higher content. The present invention further provides: a method for producing such a high rebaudioside C-content type, non genetically modified stevia plant; and dried leaves obtained from such a plant.
(FR) Un objectif de la présente invention est de fournir une plante stévia ayant une teneur élevée en rébaudioside C. La présente invention concerne une plante stévia non génétiquement modifiée à teneur élevée en rébaudioside C qui a une teneur plus élevée en rébaudioside C que les variétés de stévia de type sauvage, plus spécifiquement au moins 20 % de teneur plus élevée. La présente invention concerne en outre un procédé de production d'une telle plante stévia non génétiquement modifiée de type à teneur élevée en rébaudioside C ; et des feuilles séchées obtenues à partir d'une telle plante.
(JA) 本発明は、レバウジオシドCの含有量が高いステビア植物を提供することを目的とする。 本発明は、野生型ステビア種と比べレバウジオシドCをより高い含量、より詳細には20%以上高い含量で含む高レバウジオシドC含有型非遺伝子組み換えステビア植物体を提供する。本発明はまた、そのような高レバウジオシドC含有型非遺伝子組み換えステビア植物体を作出する方法、そのような植物体から得られる乾燥葉も提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)