このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018124079) ポリアリーレンスルフィド樹脂成形品の耐コロナ性向上方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/124079 国際出願番号: PCT/JP2017/046664
国際公開日: 05.07.2018 国際出願日: 26.12.2017
IPC:
C08J 3/20 (2006.01) ,C08J 5/00 (2006.01) ,C08J 5/08 (2006.01) ,C08K 3/36 (2006.01) ,C08K 7/14 (2006.01) ,C08K 7/20 (2006.01) ,C08L 81/02 (2006.01) ,C08L 83/10 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
3
高分子物質の処理方法または混合方法
20
重合体と添加剤との混合,例.着色
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
04
解繊されたまたは凝集した繊維状物質による高分子化合物の補強
06
前処理した繊維状物質を使用するもの
08
ガラス繊維
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
34
けい素含有化合物
36
シリカ
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
7
形状に特徴を有する配合成分の使用
02
繊維またはウィスカ
04
無機物
14
ガラス
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
7
形状に特徴を有する配合成分の使用
16
固体球状物
18
無機物
20
ガラス
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
81
主鎖のみに窒素,酸素または炭素を含みまたは含まずにいおうを含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物の組成物;ポリスルホンの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
ポリチオエーテル;ポリチオエーテル―エーテル
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
83
主鎖のみにいおう,窒素,酸素または炭素を含みまたは含まずにけい素を含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
10
ポリシロキサン連鎖を含むブロックまたはグラフト共重合体
出願人:
ポリプラスチックス株式会社 POLYPLASTICS CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区港南二丁目18番1号 2-18-1, Konan, Minato-ku, Tokyo 1088280, JP
発明者:
荒井 博樹 ARAI Hiroki; JP
代理人:
三好 秀和 MIYOSHI Hidekazu; JP
高橋 俊一 TAKAHASHI Shunichi; JP
伊藤 正和 ITO Masakazu; JP
高松 俊雄 TAKAMATSU Toshio; JP
優先権情報:
2016-25190026.12.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR IMPROVING CORONA RESISTANCE OF POLYARYLENE SULFIDE RESIN MOLDED ARTICLE
(FR) PROCÉDÉ D'AMÉLIORATION DE LA RÉSISTANCE À L'EFFET CORONA D'UN ARTICLE MOULÉ EN RÉSINE DE POLY(SULFURE D'ARYLÈNE)
(JA) ポリアリーレンスルフィド樹脂成形品の耐コロナ性向上方法
要約:
(EN) Provided is a method for improving the corona resistance of a polyarylene sulfide resin molded article, with which the corona resistance of a molded article obtained by molding a resin composition including a polyarylene sulfide resin can be improved further, using a silicone polymer. A method for improving the corona resistance of a resin molded article obtained by molding a resin composition that includes a polyarylene sulfide resin, a specific silicone polymer, and a non-electroconductive inorganic filler, said resin molded article having an sea-island structure that includes island parts comprising silicone polymer particles and sea parts comprising the polyarylene sulfide resin, wherein the method for improving the corona resistance of a polyarylene sulfide resin is characterized in that the resin molded article is molded by preparing the resin so that the average value of the wall-to-wall distance of particles that are closest to each silicone polymer particle is 0.25 μm or less.
(FR) L'invention concerne un procédé pour améliorer la résistance à l'effet corona d'un article moulé en résine de poly(sulfure d'arylène), qui permet d'améliorer davantage la résistance à l'effet corona d'un article moulé obtenu par moulage d'une composition de résine comprenant une résine de poly(sulfure d'arylène) à l'aide d'un polymère de silicone. L'invention concerne un procédé d'amélioration de la résistance à l'effet corona d'un article moulé en résine obtenu par moulage d'une composition de résine qui comprend une résine de poly(sulfure d'arylène), un polymère de silicone spécifique et une charge inorganique non électroconductrice, ledit article moulé en résine présentant une structure mer-îlots qui comprend des parties d'îlot comprenant des particules de polymère de silicone et des parties de mer comprenant la résine de poly(sulfure d'arylène), le procédé d'amélioration de la résistance à l'effet corona d'une résine de poly(sulfure d'arylène) étant caractérisé en ce que l'article moulé en résine est moulé par préparation de la résine de telle sorte que la valeur moyenne de la distance paroi à paroi des particules qui sont les plus proches de chaque particule de polymère de silicone est de 0,25 µm ou moins.
(JA) ポリアリーレンスルフィド樹脂を含む樹脂組成物を成形してなる成形品に対し、シリコーン系ポリマーを用いて耐コロナ性の更なる向上を図ることが可能なポリアリーレンスルフィド樹脂成形品の耐コロナ性向上方法を提供する。 ポリアリーレンスルフィド樹脂と、特定のシリコーン系ポリマーと、非導電性無機フィラーとを含む樹脂組成物を成形してなり、シリコーン系ポリマーの粒子からなる島部と、ポリアリーレンスルフィド樹脂からなる海部とを含む海島構造を有する樹脂成形品の耐コロナ性向上方法であって、シリコーン系ポリマーの各粒子に対して最も近接する粒子との壁間距離の平均値が0.25μm以下となるように樹脂組成物を調製して樹脂成形品を成形することを特徴とするポリアリーレンスルフィド樹脂成形品の耐コロナ性向上方法である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)