このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018123911) 含塩素プロペンの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/123911 国際出願番号: PCT/JP2017/046251
国際公開日: 05.07.2018 国際出願日: 22.12.2017
IPC:
C07C 17/23 (2006.01) ,B01J 23/46 (2006.01) ,B01J 23/52 (2006.01) ,B01J 23/60 (2006.01) ,B01J 23/62 (2006.01) ,B01J 23/644 (2006.01) ,B01J 23/89 (2006.01) ,B01J 27/045 (2006.01) ,B01J 27/057 (2006.01) ,C07C 21/18 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
17
ハロゲン化された炭化水素の製造
23
脱ハロゲン化によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
40
白金族金属に関するもの
46
ルテニウム,ロジウム,オスミウムまたはイリジウム
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
48
銀または金
52
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
60
亜鉛,カドミウムまたは水銀と結合したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
62
ガリウム,インジウム,タリウム,ゲルマニウム,すずまたは鉛と結合したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
64
ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
644
ひ素,アンチモンまたはビスマス
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
89
貴金属と結合したもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
27
ハロゲン,硫黄,セレン,テルル,りん,窒素またはそれらの化合物からなる触媒;炭素化合物からなる触媒
02
硫黄,セレンまたはテルル;その化合物
04
硫化物
043
鉄族金属または白金族金属を有するもの
045
白金族金属
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
27
ハロゲン,硫黄,セレン,テルル,りん,窒素またはそれらの化合物からなる触媒;炭素化合物からなる触媒
02
硫黄,セレンまたはテルル;その化合物
057
セレンまたはテルル;その化合物
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
21
ハロゲン原子を含有する非環式不飽和化合物
02
炭素―炭素二重結合を含有するもの
18
フッ素を含有するもの
出願人:
AGC株式会社 AGC INC. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 5-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP
発明者:
竹内 優 TAKEUCHI Yu; JP
戸田 和江 TODA Kazue; JP
寺園 真二 TERAZONO Shinji; JP
王 旭 WANG Xu; JP
代理人:
特許業務法人サクラ国際特許事務所 SAKURA PATENT OFFICE, P.C.; 東京都千代田区内神田一丁目18番14号 ヨシザワビル Yoshizawa Bldg., 18-14, Uchikanda 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010047, JP
優先権情報:
2016-25565928.12.2016JP
発明の名称: (EN) PRODUCTION METHOD FOR CHLORINE-CONTAINING PROPENE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PROPÈNE CONTENANT DU CHLORE
(JA) 含塩素プロペンの製造方法
要約:
(EN) Provided is a production method capable of efficiently producing a chlorine-containing propene, such as HCFO-1224yd. The production method for a chlorine-containing propene according to the present invention involves reacting a compound represented by formula (1) with hydrogen in the presence of a catalyst to produce a compound represented by formula (2). The catalyst is supported by a carrier, and contains at least one first element selected from Pd and Pt, and at least one second element selected from Ru, Cu, Au, Zn, Cd, Hg, Al, Ga, In, Si, Ge, Sn, Pb, P, As, Sb, Bi, S, Se, Te, and Po. Formula (1): CX3CY=CCl2 (wherein each X independently represent F, Cl, or H, and Y represents F or H). Formula (2): CX3CY=CHCl (wherein X and Y are the same as X and Y in formula (1)).
(FR) L'invention concerne un procédé de production capable de produire de manière efficace un propène contenant du chlore, tel que le HCFO-1224yd. Le procédé de production d'un propène contenant du chlore selon la présente invention consiste à faire réagir un composé représenté par la formule (1) avec de l'hydrogène en présence d'un catalyseur pour produire un composé représenté par la formule (2). Le catalyseur est supporté par un porteur, et contient au moins un premier élément choisi parmi Pd et Pt, et au moins un second élément choisi parmi Ru, Cu, Au, Zn, Cd, Hg, Al, Ga, In, Si, Ge, Sn, Pb, P, As, Sb, Bi, S, Se, Te et Po. Formule (1) : CX3CY=CCl2 (dans laquelle chaque X représente indépendamment F, Cl ou H et Y représente F ou H). Formule (2) : CX3CY=CHCl (dans laquelle X et Y sont identiques à X et Y dans la formule (1)).
(JA) HCFO-1224yd等の含塩素プロペンを効率的に製造することができる製造方法を提供する。本発明の含塩素プロペンの製造方法は、触媒の存在下、下記式(1)で表される化合物を水素と反応させて下記式(2)で表される化合物を製造する。触媒は、担体に担持され、PdおよびPtから選ばれる少なくとも1種の第1の元素と、Ru、Cu、Au、Zn、Cd、Hg、Al、Ga、In、Si、Ge、Sn、Pb、P、As、Sb、Bi、S、Se、Te、およびPoから選ばれる少なくとも1種の第2の元素とを含む。 CXCY=CCl ・・・(1) (式(1)中、Xは、それぞれ独立して、F、Cl、またはHを表し、Yは、FまたはHを表す。) CXCY=CHCl ・・・(2) (式(2)中、XおよびYは式(1)のXおよびYと同一である。)
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)