このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018123831) 熱間プレス用めっき鋼板、熱間プレス用めっき鋼板の製造方法、熱間プレス成形品の製造方法、及び車両の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/123831 国際出願番号: PCT/JP2017/046035
国際公開日: 05.07.2018 国際出願日: 21.12.2017
IPC:
C23C 28/00 (2006.01) ,B21D 22/20 (2006.01) ,B21D 22/26 (2006.01) ,C21D 1/18 (2006.01) ,C21D 9/00 (2006.01) ,C22C 21/02 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/14 (2006.01) ,C23C 2/12 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
28
メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
22
型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
20
深しぼり
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
22
型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
20
深しぼり
26
特殊な,例.不規則な,形をした物品の製造のためのもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
18
硬化;その後の焼もどしを伴うあるいは伴わない焼入れ
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
02
次に多い成分としてけい素を含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
14
チタンまたはジルコニウムを含有するもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
12
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
出願人:
新日鐵住金株式会社 NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
久保 雅寛 KUBO, Masahiro; JP
中澤 嘉明 NAKAZAWA, Yoshiaki; JP
鈴木 利哉 SUZUKI, Toshiya; JP
野村 成彦 NOMURA, Narihiko; JP
藤田 宗士 FUJITA, Soshi; JP
入川 秀昭 IRIKAWA, Hideaki; JP
代理人:
特許業務法人太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO; 東京都新宿区新宿4丁目3番17号 3-17, Shinjuku 4-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600022, JP
優先権情報:
2016-25601628.12.2016JP
発明の名称: (EN) PLATED STEEL SHEET FOR HOT PRESSING, METHOD FOR MANUFACTURING PLATED STEEL SHEET FOR HOT PRESSING, METHOD FOR MANUFACTURING HOT-PRESS-FORMED ARTICLE, AND METHOD FOR MANUFACTURING VEHICLE
(FR) TÔLE D'ACIER PLAQUÉE POUR FORMAGE À CHAUD À LA PRESSE, SON PROCÉDÉ DE FABRICATION, PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN ARTICLE FORMÉ À CHAUD À LA PRESSE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE VÉHICULE
(JA) 熱間プレス用めっき鋼板、熱間プレス用めっき鋼板の製造方法、熱間プレス成形品の製造方法、及び車両の製造方法
要約:
(EN) A plated steel sheet for hot pressing, and a method for manufacturing the same, the plated steel sheet for hot pressing having: a plated steel sheet body having a steel sheet and an aluminum plating layer provided on one or both surfaces of the steel sheet; and a zinc-based metal soap coating, the deposited amount of which is 7.1-19.8 g/m2 in terms of Zn, the zinc-based metal soap coating being provided on the surface of the aluminum plating layer side of the plated steel sheet body (in the plated steel sheet body, when there is a zinc-oxide coating on the surface of the aluminum plating layer, the total deposited amount of the zinc oxide coating and the zinc-based metal soap coating is 7.1-19.8 g/m2 in terms of Zn). A method for manufacturing a hot-press-formed article using the plated steel sheet for hot pressing, and a method for manufacturing a vehicle which uses a press-formed article manufactured by the method for manufacturing a hot-press-formed article.
(FR) L'invention concerne une tôle d'acier plaquée pour formage à chaud à la presse, et son procédé de fabrication, la tôle d'acier plaquée pour formage à chaud à la presse ayant : un corps de tôle d'acier plaquée comprenant une tôle d'acier et une couche de placage d'aluminium disposée sur une ou sur les deux surfaces de la tôle d'acier; un revêtement de savon métallique à base de zinc dont la quantité déposée est de 7,1 à 19,8 g/m2 en termes de Zn, le revêtement de savon métallique à base de zinc étant disposé sur la surface du côté de la couche de placage d'aluminium du corps de tôle d'acier plaquée (dans le corps de tôle d'acier plaquée, lorsqu'il y a un revêtement d'oxyde de zinc sur la surface de la couche de placage d'aluminium, la quantité totale déposée du revêtement d'oxyde de zinc et du revêtement de savon métallique à base de zinc est de 7,1 à 19,8 g/m2 en termes de Zn). L'invention concerne également un procédé de fabrication d'un article formé à chaud à la presse utilisant la tôle d'acier plaquée pour formage à chaud à la presse, et un procédé de fabrication d'un véhicule qui utilise un article formé à la presse fabriqué au moyen du procédé de fabrication d'un article formé à chaud à la presse.
(JA) 鋼板、及び前記鋼板の片面又は両面に設けられたアルミめっき層を有するめっき鋼板本体と、めっき鋼板本体のアルミめっき層側の面上に設けられ、付着量がZn量換算で7.1~19.8g/mの亜鉛系金属石鹸皮膜と、を有する熱間プレス用めっき鋼板(ただし、めっき鋼板本体において、アルミめっき層の面上に酸化亜鉛皮膜を有する場合、前記酸化亜鉛皮膜と前記亜鉛系金属石鹸皮膜との合計の付着量が、Zn量換算で7.1~19.8g/mである)、並びにその製造方法である。また、この熱間プレス用めっき鋼板を使用した熱間プレス成形品の製造方法、および、熱間プレス成形品の製造方法により製造したプレス成形品を用いた車両の製造方法である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)