国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018123716) 異材接合用アーク溶接法、接合補助部材、異材溶接継手、及び、接合補助部材付き板材

Pub. No.:    WO/2018/123716    International Application No.:    PCT/JP2017/045466
Publication Date: Fri Jul 06 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Dec 20 00:59:59 CET 2017
IPC: B23K 9/23
B23K 9/02
Applicants: KABUSHIKI KAISHA KOBE SEIKO SHO (KOBE STEEL, LTD.)
株式会社神戸製鋼所
Inventors: SUZUKI Reiichi
鈴木 励一
Title: 異材接合用アーク溶接法、接合補助部材、異材溶接継手、及び、接合補助部材付き板材
Abstract:
異材溶接継手(1)は、アルミニウム合金もしくはマグネシウム合金製の上板(10)と、上板(10)にアーク溶接された、鋼製の下板(20)と、を備え、上板(10)は、下板(20)との重ね合わせ面に臨む円形の穴(11)を有し、軸部(31)とフランジ部(32)とを持った段付きの外形形状を有し、且つ、軸部(31)及びフランジ部(32)を貫通する中空部(33)が形成され、軸部(31)の最大外径(PD1)及びフランジ部(32)の幅(PD2)が上板(10)の穴(11)の直径(BD)よりそれぞれ大きく、軸部(31)がフランジ部側でくびれ部(39)を有する鋼製の接合補助部材(30)をさらに備える。接合補助部材(30)は、上板(10)に設けられた穴(11)に圧入され、接合補助部材(30)の中空部(33)は、鉄合金、または、Ni合金の溶接金属(40)で充填されると共に、溶接金属(40)と、溶融された下板(20)及び接合補助部材(30)の一部とによって溶融部(W)が形成される。