国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018123712) スイッチ発電機構を備えた報知装置

Pub. No.:    WO/2018/123712    International Application No.:    PCT/JP2017/045456
Publication Date: Fri Jul 06 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Dec 20 00:59:59 CET 2017
IPC: H02K 7/06
G08G 1/02
G08G 1/14
H02K 7/116
H02K 7/18
Applicants: ADAMANT CO., LTD.
アダマンド株式会社
Inventors: AOYAGI Tomohide
青柳 智英
FUJIKI Daisuke
藤木 大輔
Title: スイッチ発電機構を備えた報知装置
Abstract:
【課題】どんなに遅い速度の力で動作させても一定の発電量を確保することができ、車両の進入又は通過場所の正確な報知が可能で、耐久性及び耐候性に優れるスイッチ発電機構を備えた報知装置の提供。 【解決手段】スイッチ発電機構(1)を少なくとも2つ備え、スイッチ発電機構(1)は少なくとも、第1可動部品(1a)と、第2可動部品(2a)と、第1可動部品(1a)に連結される第1変形部品(1b)と、発電機(3)とから形成する。更に、スイッチ発電機構(1)の外部から第2可動部品(2a)に力を伝達して、第1可動部品(1a)と第2可動部品(2a)の互いの少なくとも一部を連動させ、第1可動部品(1a)を一定量回転させて第1変形部品(1b)を一定量変形し、第1可動部品(1a)を一定量回転させた後に第1変形部品(1b)の変形を解放し、変形からの解放により発電機(3)で電力を発生する。更に、電力の発生に伴い信号を発信手段で発信する。