国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018123221) 食品用容器の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/123221    International Application No.:    PCT/JP2017/037730
Publication Date: Fri Jul 06 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Oct 19 01:59:59 CEST 2017
IPC: B29C 45/70
B29C 45/26
Applicants: BANDO CHEMICAL INDUSTRIES, LTD.
バンドー化学株式会社
NISSIN FOODS HOLDINGS CO., LTD.
日清食品ホールディングス株式会社
Inventors: ICHIKI, Tomohito
市来 智仁
MATSUMOTO, Saki
松本 早紀
HASHIMOTO, Kenji
橋本 健司
MATSUZAKI, Manabu
松崎 学
Title: 食品用容器の製造方法
Abstract:
本発明は、超臨界射出成形を用いて、シワ及び膨れの発生を抑制することができ、断熱性に優れた深さのある食品用容器を製造できる食品用容器の製造方法を提供する。本発明の食品用容器の製造方法は、超臨界流体と樹脂組成物とを含む溶融樹脂を金型内のキャビティに射出成形して深さのある食品用容器を製造する方法であって、上記キャビティは、樹脂注入口から流動末端に向かって、上記深さのある食品用容器の底面部を形成する第一領域と、曲面部を形成する第二領域と、側面部を形成する第三領域とを含み、上記第二領域及び上記第三領域のキャビティに面する金型表面は、算術平均粗さが0.5μm以上、10μm以下であり、かつ、十点平均粗さが2μm以上、60μm以下である。