このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018123203) フラックスフリーろう付用のブレージングシート、フラックスフリーろう付方法および熱交換器の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/123203 国際出願番号: PCT/JP2017/036921
国際公開日: 05.07.2018 国際出願日: 12.10.2017
IPC:
B23K 35/28 (2006.01) ,B23K 1/19 (2006.01) ,B23K 35/14 (2006.01) ,B32B 15/20 (2006.01) ,C22C 21/00 (2006.01) ,B23K 101/14 (2006.01) ,B23K 103/10 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
28
主成分が950°C以下の融点をもつもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
1
ハンダ付,例.ロー付,またはハンダ離脱
19
ハンダ付される材料の性質を考慮したもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
02
機械的形状,例.形,を特徴とするもの
12
溶接電極として一般的なもの
14
ハンダ付用
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
20
アルミニウムまたは銅からなるもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
101
ハンダ付,溶接または切断により製造される物品
04
管状または中空物品
14
熱交換器
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
103
ハンダ付,溶接または切断される材料
08
非鉄金属またはその合金
10
アルミニウムまたはその合金
出願人:
三菱アルミニウム株式会社 MITSUBISHI ALUMINUM CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区芝二丁目3番3号 3-3, Shiba 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1058546, JP
発明者:
三宅 秀幸 MIYAKE Hideyuki; JP
代理人:
横井 幸喜 YOKOI Koki; JP
優先権情報:
2016-25330727.12.2016JP
2017-03018121.02.2017JP
発明の名称: (EN) BRAZING SHEET FOR FLUXLESS BRAZING, FLUXLESS BRAZING METHOD, AND HEAT EXCHANGER MANUFACTURING METHOD
(FR) TÔLE À BRASAGE POUR BRASAGE SANS FLUX, PROCÉDÉ DE BRASAGE SANS FLUX ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D'ÉCHANGEUR DE CHALEUR
(JA) フラックスフリーろう付用のブレージングシート、フラックスフリーろう付方法および熱交換器の製造方法
要約:
(EN) A brazing sheet for fluxless brazing characterized in that an outermost brazing material layer comprising an Al-Si alloy containing 2–13% Si by mass and an intermediate brazing material layer comprising an Al-Si-Mg alloy containing 4–13% Si and 0.1–5.0% Mg are clad on one or both surfaces of a core material, when viewed in the surface layer direction the ratio of the Si particles having a diameter of 1.75 μm or greater among those having a circle-equivalent diameter of 0.8 μm or greater is 10% or greater, and in a cross-sectional view of the brazing material layer the Si particles contained in the intermediate brazing material layer and having a circle-equivalent diameter of 0.25 μm or greater is less than 3,000 per 10,000 μm2. The brazing sheet is used in a non-oxidizing gas atmosphere having an oxygen concentration of 100 ppm or less at atmospheric pressure to join aluminum pieces to each other without using a flux.
(FR) La présente invention concerne une tôle à brasage pour brasage sans flux caractérisée en ce qu'une couche de matériau de brasage la plus extérieure comprenant un alliage Al-Si contenant de 2 à 13 % de Si en masse et une couche de matériau de brasage intermédiaire comprenant un alliage Al-Si-Mg contenant de 4 à 13 % de Si et de 0,1 à 5,0 % de Mg sont plaquées sur une ou les deux surfaces d'un matériau de cœur, vu dans la direction de la couche de surface, le rapport des particules de Si ayant un diamètre supérieur ou égal à 1,75 µm parmi celles ayant un diamètre de cercle équivalent supérieur ou égal à 0,8 µm est supérieur ou égal à 10 %, et dans une vue en coupe transversale de la couche de matériau de brasage, les particules de Si contenues dans la couche de matériau de brasage intermédiaire et ayant un diamètre de cercle équivalent supérieur ou égal à 0,25 µm représentent une proportion inférieure à 3 000 pour 10 000 µm2. La tôle à brasage est utilisée dans une atmosphère de gaz non oxydant ayant une concentration en oxygène inférieure ou égale à 100 ppm à la pression atmosphérique pour relier des pièces d'aluminium l'une à l'autre sans utiliser de flux.
(JA) 芯材の片面または両面に、質量%で、2~13%Siを含有するAl-Si系合金からなる最表面ろう材層と、質量%で、4~13%のSiおよび0.1~5.0%のMgを含有するAl-Si-Mg系合金からなる中間ろう材層がクラッドされており、さらに、前記最表面ろう材層に含まれるSi粒子が、表層面方向の観察において、円相当径で0.8μm以上の径をもつものの数の内、1.75μm以上の径のものの数の割合が10%以上であり、かつ、前記中間層ろう材層に含まれるSi粒子が、ろう材層の断面観察において、円相当径0.25μm以上のSi粒子が10000μm当たり3,000個未満であることを特徴とするフラックスフリーろう付用ブレージングシートであって、前記ブレージングシートを用いて酸素濃度100ppm以下の常圧下非酸化性ガス雰囲気中で、フラックスを用いることなくアルミニウム部材同士の接合を行う。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)