このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018117090) 制御性T細胞の誘導方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/117090 国際出願番号: PCT/JP2017/045493
国際公開日: 28.06.2018 国際出願日: 19.12.2017
IPC:
C12N 5/00 (2006.01) ,A61K 35/17 (2015.01) ,A61K 45/00 (2006.01) ,A61P 37/02 (2006.01) ,A61P 37/06 (2006.01) ,A61P 37/08 (2006.01) ,G01N 33/15 (2006.01) ,G01N 33/50 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
[IPC code unknown for A61K 35/17]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45
31/00~41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
37
免疫またはアレルギー疾患の治療薬
02
免疫調節剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
37
免疫またはアレルギー疾患の治療薬
02
免疫調節剤
06
免疫抑制剤,例.移植組織拒絶反応に対応するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
37
免疫またはアレルギー疾患の治療薬
08
抗アレルギー剤
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
15
医薬
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
出願人:
国立大学法人京都大学 KYOTO UNIVERSITY [JP/JP]; 京都府京都市左京区吉田本町36番地1 36-1, Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6068501, JP
発明者:
坂口 志文 SAKAGUCHI, Shimon; JP
北川 瑶子 KITAGAWA, Yohko; JP
三上 統久 MIKAMI, Norihisa; JP
代理人:
鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi; JP
松谷 道子 MATSUTANI, Michiko; JP
優先権情報:
2016-24543619.12.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR INDUCING REGULATORY T CELL
(FR) PROCÉDÉ D'INDUCTION D'UN LYMPHOCYTE T RÉGULATEUR
(JA) 制御性T細胞の誘導方法
要約:
(EN) Provided is a method for inducing a regulatory T cell, comprising a step of suppressing the expression of Satb1 or suppressing the function of Satb1 in a normal peripheral T cell. When the expression of Satb1 in a normal peripheral T cell is suppressed, stable expression of Foxp3 can be induced in the T cell. A Foxp3-expressing cell can be differentiated into a stable regulatory T cell.
(FR) L'invention concerne un procédé d'induction d'un lymphocyte T régulateur, comprenant une étape de suppression de l'expression de Satb1 ou de suppression de la fonction de Satb1 dans un lymphocyte T périphérique normal. Lorsque l'expression de Satb1 dans un lymphocyte T périphérique normal est supprimée, une expression stable de Foxp3 peut être induite dans le lymphocyte T. Une cellule exprimant Foxp3 peut être différenciée en un lymphocyte T régulateur stable.
(JA) 末梢の通常T細胞においてSatb1の発現を抑制するまたはSatb1の機能を抑制する工程を含む、制御性T細胞を誘導する方法を提供する。末梢の通常T細胞においてSatb1の発現を抑制すると、当該T細胞においてFoxp3の安定な発現が誘導される。Foxp3発現細胞は安定な制御性T細胞へと分化する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)