このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018117034) オキサジアゾール化合物及び植物病害防除方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/117034 国際出願番号: PCT/JP2017/045355
国際公開日: 28.06.2018 国際出願日: 18.12.2017
IPC:
A01N 43/836 (2006.01) ,A01N 47/12 (2006.01) ,A01P 3/00 (2006.01) ,A01P 7/04 (2006.01) ,C07D 271/06 (2006.01) ,C07D 413/12 (2006.01)
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
43
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって複素環式化合物を含むもの
72
異項原子として窒素原子および酸素または硫黄原子を有する環をもつもの
82
3個の異項原子を有する5員環
836
1,2,4-オキサ(チア)ジアゾール;水素添加1,2,4-オキサ(チア)ジアゾール
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
47
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,環の一員でなくまた炭素または水素原子との結合をもたない炭素原子を含む有機化合物を含むもの,例.炭酸の誘導体
08
窒素原子への1個またはそれ以上の単結合をもつ炭素原子
10
カルバミン酸誘導体,すなわち―O―CO―N<基を有するもの;そのチオ類似体
12
―O―CO―N<基,またはそのチオ類似体を有し直接環についていないしまた窒素原子が複素環の1員でもないもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
3
殺菌・殺カビ剤(菌類に作用するもの)
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
7
殺節足動物剤
04
殺虫剤
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
271
異項原子として2個の窒素原子と1個の酸素原子のみをもつ5員環を含有する複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
06
1,2,4―オキサジアゾール;水素添加した1,2,4―オキサジアゾール
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
413
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と酸素原子のみをもつ複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
出願人:
住友化学株式会社 SUMITOMO CHEMICAL COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都中央区新川二丁目27番1号 27-1, Shinkawa 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048260, JP
発明者:
玉島 博人 TAMASHIMA, Hiroto; JP
山本 将起 YAMAMOTO, Masaoki; JP
有森 貞幸 ARIMORI, Sadayuki; JP
代理人:
鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi; JP
森本 靖 MORIMOTO, Yasushi; JP
秋山 信彦 AKIYAMA, Nobuhiko; JP
優先権情報:
2016-24517019.12.2016JP
発明の名称: (EN) OXADIAZOLE COMPOUND AND PLANT DISEASE CONTROL METHOD
(FR) COMPOSÉ OXADIAZOLE ET PROCÉDÉ DE LUTTE CONTRE DES MALADIES DES PLANTES
(JA) オキサジアゾール化合物及び植物病害防除方法
要約:
(EN) Provided are a plant disease control method, said method comprising applying a compound represented by formula (I) to a plant or soil, and the compound. [In formula (I): G represents a thiophene ring, a furan ring, etc.; n represents 1, 2, 3 or 4; in the combination of L, X and R2, L represents C(O), X represents a single bond, NR3 or an oxygen atom, and R2 represents a C1-C6 alkyl group optionally having one or more substituents selected from group A, etc.; R1 represents a C1-C6 alkyl group optionally having one or more substituents selected from group A, etc., or R1 and R2 may form, together with the carbon atom to which R1 and R2 are attached, a 3- to 7-membered cycloalkylene group, etc.; R3 represents a C1-C6 alkyl group optionally having one or more substituents selected from group A, etc.; and Z represents a C3-C6 cycloalkyl group, etc., or X and Z may form, together with L to which X and Z are attached, a 4- to 7-membered heterocycle, etc.]
(FR) L'invention concerne un procédé de lutte contre des maladies des plantes, ledit procédé comprenant l'application d'un composé représenté par la formule (I) à une plante ou à un sol, et le composé. [Dans la formule (I) : G représente un cycle thiophène, un cycle furane, etc. ; n représente 1, 2, 3 ou 4 ; dans la combinaison de L, X et R2, L représente C(O), X représente une liaison simple, NR3 ou un atome d'oxygène, et R2 représente un groupe alkyle en C1-C6 ayant facultativement un ou plusieurs substituants choisis dans le groupe A, etc. ; R1 représente un groupe alkyle en C1-C6 ayant facultativement un ou plusieurs substituants choisis dans le groupe A, etc., ou R1 et R2 peuvent former, conjointement avec l'atome de carbone auquel R1 et R2 sont attachés, un groupe cycloalkylène à 3 à 7 chaînons, etc. ; R3 représente un groupe alkyle en C1-C6 ayant facultativement un ou plusieurs substituants choisis dans le groupe A, etc. ; et Z représente un groupe cycloalkyle en C3-C6, etc., ou X et Z peuvent former, avec L auquel X et Z sont attachés, un hétérocycle à 4 à 7 chaînons, etc. ]
(JA) 本発明は、下記式(I)で示される化合物を植物又は土壌に処理することによる植物病害防除方法および化合物を提供する。式(I)〔式中、Gは、チオフェン環、フラン環等を表し;nは、1、2、3又は4を表し;L、X及びR2の組み合わせは、LがC(O)であり、Xが単結合、NR3又は酸素原子であり、R2が、群Aより選ばれる1以上の置換基を有していてもよいC1-C6アルキル基等を表し;R1は、群Aより選ばれる1以上の置換基を有していてもよいC1-C6アルキル基等を表し;R1及びR2は、それらが結合する炭素原子と一緒になって、3-7員シクロアルキレン基等を形成していてもよく;R3は、群Aより選ばれる1以上の置換基を有していてもよいC1-C6アルキル基等を表し;Zは、C3-C6シクロアルキル基等を表すか、又は、X及びZは、それらが結合するLと一緒になって4-7員ヘテロ環等を形成していてもよい。〕
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)