国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018117032) 遠心式流動場分画装置

Pub. No.:    WO/2018/117032    International Application No.:    PCT/JP2017/045352
Publication Date: Fri Jun 29 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Dec 19 00:59:59 CET 2017
IPC: B03B 5/28
B04B 15/00
G01N 1/10
G01N 15/02
Applicants: SHIMADZU CORPORATION
株式会社島津製作所
Inventors: AOKI, Kengo
青木 健吾
HONDA, Hiroki
本田 弘毅
Title: 遠心式流動場分画装置
Abstract:
比較的大きな遠心力が楔状部材に作用した場合であっても、楔状部材により固定部材をロータの内周面側に安定して押圧することができる遠心式流動場分画装置を提供する。流路部材16に対して回転軸線側に、流路部材16の内周面に沿って円弧状(C字状)の固定部材17を設ける。楔状部材18が、固定部材17の両端部間に取り付けられ、当該両端部を拡げる方向に力を加えることにより、固定部材17をロータ14の内周面側に押圧する。楔状部材18は、固定部材17の両端部にそれぞれ当接する1対の当接面184を有する。1対の当接面184は、ロータ14に近づくにつれて互いの距離が短くなるように、ロータ14側に向かって徐々に先細りするテーパ面により形成されている。