このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018117011) インビトロでのIgM型メモリーB細胞分化培養系を用いた臓器移植後抗体関連型拒絶反応の早期診断法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/117011 国際出願番号: PCT/JP2017/045267
国際公開日: 28.06.2018 国際出願日: 18.12.2017
予備審査請求日: 17.05.2018
IPC:
C12Q 1/04 (2006.01) ,G01N 33/53 (2006.01) ,C07K 14/52 (2006.01) ,C12N 5/0781 (2010.01) ,C12N 5/0783 (2010.01) ,C12N 5/0786 (2010.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02
生きた微生物を含むもの
04
微生物の存在または種類の決定;抗生物質または殺細菌剤の試験のための選択培地の使用;そのための化学指示薬を含む組成物
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
33
グループ1/00から31/00に包含されない,特有な方法による材料の調査または分析
48
生物学的材料,例.血液,尿;血球計
50
生物学的材料,例.血液,尿,の化学分析;生物学的特異性を有する配位子結合方法を含む試験;免疫学的試験
53
免疫分析;生物学的特異的結合分析;そのための物質
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
52
サイトカイン;リンホカイン;インターフェロン
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
078
血液または免疫系からの細胞
0781
B細胞;それらの前駆細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
078
血液または免疫系からの細胞
0783
T細胞;NK細胞;T細胞又はNK細胞の前駆細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
078
血液または免疫系からの細胞
0786
単球;マクロファージ
出願人:
国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP/JP]; 大阪府吹田市山田丘1番1号 1-1, Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 5650871, JP
発明者:
▲高▼原 史郎 TAKAHARA, Shirou; JP
松田 佳子 MATSUDA, Yoshiko; JP
代理人:
鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi; JP
冨田 憲史 TOMITA, Kenji; JP
山中 伸一郎 YAMANAKA, Shinichiro; JP
優先権情報:
2016-24574919.12.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR IN VITRO EARLY DIAGNOSIS OF POST-ORGAN-TRANSPLANTATION ANTIBODY MEDIATED REJECTION USING IgM-TYPE MEMORY B CELL DIFFERENTIATION CULTURE SYSTEM
(FR) PROCÉDÉ DE DIAGNOSTIC PRÉCOCE IN VITRO D'UN REJET MÉDIÉ PAR ANTICORPS POST-TRANSPLANTATION D'ORGANE À L'AIDE D'UN SYSTÈME DE CULTURE DE DIFFÉRENCIATION DE CELLULES B DE MÉMOIRE DE TYPE IgM
(JA) インビトロでのIgM型メモリーB細胞分化培養系を用いた臓器移植後抗体関連型拒絶反応の早期診断法
要約:
(EN) Provided is a means for detecting the occurrence of an antibody mediated rejection (ABMR) in a patient after organ transplantation simply and at an early stage without requiring carrying out an organ biopsy. A method for detecting the occurrence of an antibody mediated rejection (ABMR) in vitro in a patient after organ transplantation, said method including culturing a peripheral blood sample collected from the patient in the presence of a humoral factor and/or an inflammatory cytokine from an activated T cell and then detecting an IgM-type DSA in a culture supernatant, wherein a fact that the IgM-type DSA is detected is the indicator for the occurrence of ABMR; and a kit which can be used for performing the method.
(FR) L'invention concerne un moyen de détecter la survenue d'un rejet médié par anticorps (RMA) chez un patient après une transplantation d'organe de façon simple et à un stade précoce sans avoir besoin de réaliser une biopsie d'organe. Un procédé de détection de la survenue d'un rejet médié par anticorps (RMA) in vitro, chez un patient, après transplantation d'organe, ledit procédé comprenant la mise en culture d'un échantillon de sang périphérique recueilli chez le patient présentant un facteur humoral et/ou une cytokine inflammatoire à partir d'un lymphocyte T activé, puis la détection de DSA de type IgM dans un surnageant de culture. Le fait que le DSA de type IgM est détecté est l'indicateur de la survenue d'un RMA; et un kit qui peut être utilisé pour mettre en œuvre le procédé.
(JA) 臓器移植後の患者において抗体関連型拒絶反応(ABMR)の有無を臓器の生検によることなく簡便かつ早期に検出する手段を提供する。臓器移植後の患者において抗体関連型拒絶反応(ABMR)の有無をインビトロで検出する方法であって、患者からの末梢血試料を、活性化T細胞からの液性因子および/または炎症性サイトカインの存在下で培養し、培養上清中のIgM型DSAを検出することを含み、その際、IgM型DSAの検出がABMRの存在の指標となる前記方法、および該方法に使用するキット。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)