このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018116858) 活性炭及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/116858 国際出願番号: PCT/JP2017/044096
国際公開日: 28.06.2018 国際出願日: 07.12.2017
IPC:
C01B 32/30 (2017.01) ,B01J 20/20 (2006.01) ,B01J 20/28 (2006.01) ,B01J 20/30 (2006.01)
[IPC code unknown for C01B 32/30]
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02
無機物からなるもの
20
遊離炭素からなるもの;炭化工程によって得られた炭素からなるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
28
形態または物理的性質に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
30
調製,再生または再活性化のためのプロセス
出願人:
株式会社アドール AD'ALL CO., LTD. [JP/JP]; 京都府宇治市宇治戸ノ内5番地 5, Uji-Tonouchi, Uji-shi, Kyoto 6118555, JP
ユニチカ株式会社 UNITIKA LTD. [JP/JP]; 兵庫県尼崎市東本町1丁目50番地 50, Higashi-Hommachi 1-chome, Amagasaki-shi, Hyogo 6600824, JP
大阪ガスケミカル株式会社 OSAKA GAS CHEMICALS CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市西区千代崎三丁目南2番37号 2-37, Chiyozaki 3-chome-minami, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500023, JP
発明者:
中野 智康 NAKANO, Tomoyasu; JP
清水 弘和 SHIMIZU, Hirokazu; JP
堺 啓二 SAKAI, Keiji; JP
代理人:
田中 順也 TANAKA, Junya; JP
水谷 馨也 MIZUTANI, Keiya; JP
優先権情報:
2016-24520119.12.2016JP
発明の名称: (EN) ACTIVE CARBON AND PRODUCTION METHOD THEREOF
(FR) CHARBON ACTIF ET SA MÉTHODE DE PRODUCTION
(JA) 活性炭及びその製造方法
要約:
(EN) Active carbon that has excellent dichloromethane absorption performance per unit of specific surface area is provided. Of the pore volume calculated by the QSDFT method, the pore volume A (cc/g) in this active carbon of pores less than or equal to 1.0 nm is greater than or equal to 0.35 cc/g, and, of the pore volume calculated by the QSDFT method, the pore volume B of pores with a pore diameter in the range 1.0-3.0 nm is 0.15-0.35 cc/g.
(FR) L'invention concerne un charbon actif qui présente d'excellentes performances d'absorption de dichlorométhane par unité de surface spécifique. Du volume poreux calculé par la méthode QSDFT, le volume poreux A (cc/g) dans ce carbone actif de pores inférieur ou égal à 1,0 nm est supérieur ou égal à 0,35 cc/g, et, du volume de pore calculé par le procédé QSDFT, le volume de pore B des pores ayant un diamètre de pore dans la plage de 1,0 à 3,0 nm est de 0,15 à 0,35 cc/g.
(JA) 単位比表面積あたりのジクロロメタン吸着性能に優れる活性炭を提供する。 QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.0nm以下の細孔容積A(cc/g)が0.35cc/g以上であり、 かつ、QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.0nm以上3.0nm以下の範囲の細孔径の細孔容積Bが0.15cc/g以上0.35cc/g以下である、活性炭。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)